出羽桜/ブランド紹介

出羽桜は、山形県天童市の酒蔵である出羽桜酒造の銘柄です。
1855年(安政2年)に仲野清五郎が熊政宗醸造元として酒造りを開始。その後1892年(明治25年)に仲野清次郎が分家して白梅、出羽桜の醸造元として仲野酒造業を創業し、1970年(昭和45年)に現在の出羽桜酒造に社名変更します。





地元に根ざした酒造りに徹し、1980年(昭和55年)に蔵の看板酒となる「桜花吟醸酒」を発売。当時は吟醸酒という言葉を一般的に知る人は少なく、鑑評会用にのみ醸造されていました。
この頃までは日本酒というと、戦後のコメ不足の時代に生まれた三増酒などのイメージがついてしまって不味いものという扱いでしたが、吟醸酒の素晴らしさを一般の人にも知ってほしいという思いから発売したこの酒は、これ以降の日本酒のイメージアップに貢献してきたものがあります。

97年に海外輸出を始め、現在では世界25カ国以上に販路が広がっています。
特にアメリカの西海岸で「うまいCOLD SAKE」として評価されていています。

ポリシーとして圧倒的大差のあるわかりやすい品質を掲げていて、酒の専門家が僅かな差を指摘するのではなく、一般的なユーザーでも違いを認めるわかりやすい酒質の酒にしていながら、価格設定は抑えめになっていて、企業として姿勢を感じさせます。

現在の出羽桜は大吟醸、純米大吟醸、吟醸、純米吟醸、純米酒、普通酒に加え、スパークリングや吟醸にごり、貴醸酒などの変わり種も造っています。もちろん、吟醸酒は桜花吟醸酒の銘柄を活かしています。

アマゾンで出羽桜を検索

*******************

楽天で出羽桜を検索

日本酒 地酒 山形 出羽桜酒造 桜花 吟醸酒 1800ml

日本酒 地酒 山形 出羽桜酒造 桜花 吟醸酒 1800ml
2,705 円 (税込)
評価 5
出羽桜の名を世に広め、吟醸酒というものの認知をあげ、地酒ブームを牽引してきた酒のひとつ出和桜 桜花吟醸酒。 熟した果実香が広がり、やわらかい甘味が感じられる飲み口です。 おだやかな甘味と旨味が口の中にひろがり、ほどよい米の旨味の中に若干の苦味とやさしい酸味..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

ヤフーショッピングで出羽桜を検索

出羽桜 吟醸 桜花吟醸火入れ 1.8L 山形県 出羽桜酒造 日本酒

出羽桜 吟醸 桜花吟醸火入れ 1.8L 山形県 出羽桜酒造 日本酒
2,808 円
出羽桜 吟醸 桜花吟醸火入れ 1.8L 山形県 出羽桜酒造 日本酒
CS Shop

アバター

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。