而今/ブランド紹介

而今は三重県の木屋正酒造の銘柄。三重県名張という伊賀盆地の土地で、奈良県との県境にある蔵で、創業は1818年(文政元年)。この土地は大阪からも名古屋からも近く、名張駅前には古い民家が立ち並び、その一角に木屋正酒造があります。この店舗兼主屋は登録有形文化財にもなっているという老舗です。

現在の蔵元は杜氏も兼ねていて、もともとの地元銘柄であった「高砂」だったのですが、自身の銘柄として醸し始めたのが而今で、2005年からのリリースですが、透明感のある洗練された酒質で人気が高まっています。
“而今/ブランド紹介” の続きを読む