宮城峡(ニッカウヰスキー)

宮城峡について

宮城峡は、ニッカウヰスキーの宮城峡蒸留所で醸される銘柄。宮城峡蒸留所は余市に次ぐニッカ第二の蒸留所として仙台市街の西に設立されたもので、竹鶴政孝がこの地を訪れて新川の水を口にして、その味に驚嘆。
工場建設を即決して、昭和44年に創業を開始しています。

余市で作られるモルト原酒は力強い味わいだが、宮城峡のものはローランドのように華やかでフルーティ。爽やかな余韻があります。
宮城峡モルトはスチームによる間接蒸留を選択。ポットスチルの内部にパイプをめぐらせ、約130度の蒸気を通してじっくりと蒸留する方法です。





宮城峡蒸留所の現在の最大の「ウリ」はなんと云ってもカフェ式連続蒸留器を持っていること。連続蒸留器はポットスチルのおうな1回ずつ発酵液を沸騰させて蒸留液を得る方式ではなく、連続的に発酵液を流し入れて気化と凝縮を繰り返すという方式で、高いアルコール度数の蒸留液が得られます。
カフェ式蒸留器は宮城峡蒸留所建設当時にはすでにかなりの旧式の蒸留器だったのですが、竹鶴政孝は敢えて、この古いカフェ式を発注。このカフェ式で作られるグレーンウイスキーをニッカのグレーンとして再現したいと考えていたのです。

近年のウイスキーブームの中で、宮城峡蒸留所のウイスキーも大いに評価を高めており、特にシングルモルト宮城峡は、ISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)などで数々の賞を受賞しており、海外への輸出も増えています。
しかし、そのために原酒不足が起こってしまって、宮城峡10年は終売になってしまっています。

楽天市場宮城峡を検索

【あす楽】 シングルモルト 宮城峡 45度 700ml

【あす楽】 シングルモルト 宮城峡 45度 700ml
5,500 円 (税込)
評価 5
冷涼でありながら、穏やかな北の自然に恵まれた宮城峡蒸溜所は1969年設立。 仙台市街から西へ約25km、緑豊かな森に囲まれ、赤煉瓦の建物が並びます。 「美しい自然がおいしいウイスキーを生む」そう言って、竹鶴政孝は建設時、木々の伐採を、極力、禁じました。 また、斜面..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

*トップに戻る

Yahoo!ショッピング宮城峡を検索

ニッカ シングルモルトウイスキー 宮城峡 12年 700ml 終売品 MIYAGIKYO 12yo 希少

ニッカ シングルモルトウイスキー 宮城峡 12年 700ml 終売品 MIYAGIKYO 12yo 希少
53,777 円
■商品名ニッカ シングルモルト 宮城峡 12年※こちらの商品は、「大阪府」のお住まいの方のみへの発送限定となっております。■商品について12年以上貯蔵熟成した宮城峡蒸溜所モルト。バニラの甘さを思わせる樽熟成香と穏やかなピート香との調和。フルーティな甘酸っぱさが柔ら..
CS Shop

*トップに戻る

※、2018年に宮城県を旅した時に作並温泉に泊まり、この宮城峡蒸留所を見学しました。いずれも国道48号線沿いにあって、作並温泉から山形の方に抜けると天童市から芭蕉の句で有名な立石寺へと続き、宮城峡蒸留所から仙台市内へは仙石線や仙台市営バスで行くことが出来ます。
新川に掛かるニッカ橋を渡って森の中の蒸留所の敷地に入っていくと、広大な土地に驚きます。

ウイスキー蒸留所の見学はおすすめのイベントです。機会があればぜひ。

アバター

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。