ジャックダニエル

ジャックダニエルについて


ジャックダニエルはテネシー州リンチバーグのテネシーウイスキーの代表的な銘柄です。創業者はジャックダニエルで1863年に本格的なウイスキー造りを始めます。ジャックダニエルは貧困家庭に生まれ、7歳からルター教会の牧師であり蒸留所のオーナーであったダン・コール家に雇われ、テネシーウイスキー独自の製法である原酒を樽詰めする前にサトウカエデの炭で濾過するリンカーン郡製法と呼ばれるチャコール・メローイング製法でのウイスキー造りを学びます。
そして1863年にわずか13歳にして蒸留所を譲られたジャックダニエルは、1866年には自身の名前を刻んだ陶器のジャグに詰め込み販売を始め、同年に政府が酒類に課税すると見込んで蒸留所を政府に登録。アメリカで始めての政府公認の蒸留所になります。





そして1904年にミズーリ州のセントルイスの万博でオールドNo.7を出品して、唯一の金賞を獲得して知名度があがります。しかし禁酒法の時代が来て、蒸留所は事実上の閉鎖に追い込まれ、禁酒法撤廃後にジャックダニエルの甥のレム・モトローによって再建。
しかし、モトローの死後には、アーリータイムズなどを擁するブラウン・フォーマー社に売却され、現在に至ります。

ジャックダニエルは原料の80パーセントにライ麦、大麦麦芽を使用。オーク樽にはルイヴィルのブラウン・フォーマンクーバレッジで製造されています。サトウカエデの炭の生産は工場内で行われ、濾過時間のかかるチャコール・メローイング製法を守り続けています。

ジャックダニエルの香りはまろやか。多くのロックアーティストや有名人に愛され、「アメリカ」という国を強く意識させる存在です。

アバター

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。