百年の孤独

百年の孤独について


百年の孤独は、宮崎県高鍋町の黒木本店という蔵から発売されている麦焼酎の銘柄です。麦と麦麹を原料として、蒸留した焼酎を通常は瓶で熟成するのですが、ウイスキーのようにホワイトオーク樽で熟成させて、3年もの、4年もの、5年ものをブレンドしています。香りもオークやほんのりシガーの香りがあってウイスキーに近く、麦の香ばしさが魅力です。





黒木本店は、この百年の孤独の他にも、中々、野うさぎの走りなどがあり、いずれも高い評価を受けています。
百年の孤独は、ノーベル賞受賞作家のガルシア=マルケスの同名の小説から名付けられたそうで、数ある焼酎の中でも高い知名度を誇り、生産量も少ないということで、一時はブームからプレミアムが付いていたこともあります。

黒木本店は明治18年創業で、宮崎県高鍋町に蔵はあります。設立当初から焼酎一筋に作り続けていた蔵で、現在では農業から焼酎造りをはじめる自然循環農法を取り入れ、自らの手で土地を耕し、栽培から収穫までをすべて自らの手で行い、製造過程で生じた廃棄物は有機肥料として自然に還すという焼酎造りを続けています。

アマゾンで百年の孤独を検索

ヤフーショッピングで百年の孤独を検索

楽天で百年の孤独を検索

*トップに戻る

アバター

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。