ジョージ・ディッケル

ジョージ・ディッケルについて


ジョージ・ディッケルはテネシーのカスケードホローで製造されるテネシーウィスキーのブランドです。
創業者のジョージ・ディッケルはドイツ生まれで、1844年に米国に移住して1850年代にテネシー州ナッシュビルで小売業を設立して、南北戦争後に地元の蒸留所からウイスキーを購入して卸売する業者となりました。
1870年には蒸留所を設立し、創業者の死後は家族が所有していましたが、禁酒法の時代に一旦は製造中止に追い込まれます。
その後、第二次大戦を経て、1958年になってマスターディスティラーのラルフ・ダップスによってカスケードホロー蒸留所を再建し、生産を開始しました。





このときにダップスはディッケルのオリジナルレシピを再現し「月光のようになめらか」と評された、ジョージディッケル サワーマッシュ テネシーウイスキーNo8とNo12を再び蘇らせました。

現在ではカスケードホロウとバレルセレクト、ライウイスキーとラインナップも増え、ジョージ・ディッケルはジャック・ダニエルと並ぶ人気銘柄として愛されています。

もっとも近年になって、このジョージディッケルは実は「ジョージ・A・ディッケル社」を興したビジネスマンで、酒の売買をしていましたが、その社名をブランド名として使っただけで、個人のジョージディッケル氏は別にウイスキーの製造者では無かったらしいということがわかってきました。
そうした中で、1877年にディッケルの親族らしい人がカスケードに作った蒸留所のウイスキーが評判を呼び、そのマスターディスティラーであるマクリーン・ディヴィスのレシピがいわゆるジョージディッケルのレシピであったということです。

ジョージディッケルの製法の最大の特徴は、チルド・メイプル・メロウィングと呼ばれるテネシーウイスキーに独自の冷却ろ過方式で、これは原酒をサトウカエデ(メープル)の木炭を入れた桶に10日間かけて丹念にろ過させて、その後に熟成させるというもの。
原酒は濾過後に新しいアメリカンオークの樽に移され、その後の熟成期間は熟練したマスターディスティラーの判断によっています。「熟成ではなくブレンドによって風味を作る」のがディッケルの伝統ということです。

*トップに戻る

アマゾンでジョージ・ディッケルを検索

ヤフーショッピングでジョージ・ディッケルを検索

ジョージ・ディッケル バレル・セレクト 750ml 43度 バーボン

ジョージ・ディッケル バレル・セレクト 750ml 43度 バーボン
8,260 円
ジョージ・ディッケル バレル・セレクト 750ml 43度 バーボン
CS Shop

楽天でジョージ・ディッケルを検索

ジョージ・ディッケル No.12 GEORGE Dickel No.12

ジョージ・ディッケル No.12 GEORGE Dickel No.12
3,772 円 (税込)
アルコール度数 45% 容量 750mlドイツ系移民ジョージ・A・ディッケルが 1870年にテネシー州でウィスキー蒸留をはじめたのが始まりです。 禁酒法時代に一旦閉鎖されたが1858年に復活します。 サトウカエデの炭の上に新しい羊毛で織られた毛布を敷き、 ろ過をするというチ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

*トップに戻る

アバター

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。