タムナヴーリン

タムナヴーリンについて


タムナヴーリン(TAMUNAVULIN)はスコッチ・ウイスキーのシングルモルトの銘柄。1966年にタムナヴーリン・グレンリベット蒸留所が創業し、そこで蒸留されます。グレンリベットは、有名なスペイサイドのシングルモルトで、その名声にあやかろうとして、多くのグレンリベットと名付けた蒸留所がありましたが、現在ではグレンリベットと名乗る蒸留所はこのタムナヴーリンを含めて数えるほど。
タムナヴーリン・グレンリベット蒸留所はタムナヴーリン(スペルがTomnavoulinと違います)村のリベット川のほとりに建ち、タムナヴーリンとはゲール語で丘の上の水車という意味だそうです。





一度、1995年に閉鎖されましたが、07年に再開。それ以来、スペイシーサイドキャラクターを持つシングルモルトを作っています。

施設が新しいということもあり、比較的少人数で生産しており、味わいは食前酒にもおすすめの軽くスムースな口当たりが特徴です。

*トップに戻る




アバター

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。