フェッターケアン1824

フェッターケアンについて


フェッターケアンはスコットランド・アバディーンシャー、フェッターケアンに位置するフェッターケアン蒸留所で生まれるシングルモルトです。ハイランドモルトに分類されています。
アバディーンはスコットランド北東部にある第3の都市で、蒸留所のあるフェッターケアン村はアバディーン南西40キロの小さな村で、スコットランドらしい牧歌的な風景のところです。村の道路には1861年にビクトリア女王とプリンス・アルバートが村への訪問を記念した赤い砂岩のアーチがかかっています。
ちなみに、フェッターケアン(Fettercairn)はゲール語で「斜面上の森」という意味だそうです。

創業は1824年。アレクサンダー・ラムゼイによって始められ、1830年から50年までは、後に英国首相を勤めたウイリアム・グラッドストンの父親のジョン・グラッドストンが蒸留所を買収。その後は20世紀になってから別の会社に売却され、1920年代には閉鎖されます。
これは1939年に活動を再開しますが、その後も何度か買収を繰り返し、現在ではエンペラドール傘下に収まっています。





フェッターケアンは設立当初からユニコーンのシンボルを使っていますが、ユニコーンがスコットランド王家の紋章であり、創業者のアレクサンダーが属するラムゼイ氏族の紋章でもあることからです。

フェッターケアンの特徴は初留が2基、再留が2基の4基のポッドスティルを使っているのですが、その再留釜のネックにこの蒸留所独自の冷却器が取り付けられていて、冷水をシャワーのようにふきかけるという構造になっています。これが麦芽の香り、ナッツのような風味をもったトラディショナルな味わいを実現しています。

現在は、その多くがブレンデッドウイスキーのホワイトアンドマッカイの原酒として使われていますが、シングルモルトとして出されているものは、かつてはオールドフェッターケアンというブランド名でしたが、現在はフェッターケアン1824として親しまれています。
蒸留所が政府の認可を受けたのが1824年であり、これはグレンリベットに次ぐ2番めの速さというフェッターケアン蒸留所の歴史を感じさせる数字です。

*トップに戻る

アバター

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。