グレンアラヒー

グレンアラヒーについて


グレンアラヒー蒸留所はスペイサイドに1967年創業。歴史の古い蒸留所が多い中、比較的新しい蒸留所です。設計したのは、蒸留所設計の第一人者と言われるウイリアム・デルメ=エヴァンス。グレンアラヒーの意味はゲール語で「岩の谷」だそうです。
ベンリネス山の来たのアベラワー村に位置し、仕込み水にはベンリネス山の麓から出る水を使用。軽やかな風味を生み出しています。
もともと、グレンアラヒー蒸留所はマッキンレーの原酒確保が目的で建造されたものですが、これまではオフィシャルボトルはほとんど発売されていませんでした。
かつては12年もののオフィシャルボトルが発売されていた頃もありましたが、現在ではほぼ見かけません。





蒸留所は、その歴史の中で何度か売却され、一時は生産中止になっていたことがありましたが、ペリノ・リカール系列のキャンベル・ディスティラ-ズが買収してからは主にグランキャンベルのブレンディング用の原酒の製造を行っていました。

グレンアラヒーは2017年10月にそれまでの持ち主であったペルノ・リカールから売却され、ビリー・ウォーカー、トリシャ・サベージ、グラハム・スティーブンソンの3人がザ・グレンアラヒー・コンソシアムという会社を設立し、買い取って事業を継続しました。
このザ・グレンアラヒー・コンソシアムの筆頭株主のビリー・ウォーカーは元ベンリアックで、スコッチウイスキー業界では40年以上の経験のあるベテラン。かれが中心に、バーン・スチュアート時代の盟友、トリシャ・サベージ、インバーハウスの社長を努めたグラハム・スティーブンソンを招いたのです。

そして、2018年2月には1968年2月の蒸留所の生産開始から50年を祝うための6本のシングルキャスクを発表。さらに7月には初のシングルモルトも世界中にリリースされています。

グレンアラヒーはまだ出発して間もないブランドですが、ウイスキー業界について知り尽くし、多くのブランドを育ててきた手練が経営陣に揃っていることから、近い将来にはスペイサイドモルトの新星として注目を集めていくことでしょう。

*トップに戻る

<オフィシャル初登場!> グレンアラヒー 12年 46% 700ml

<オフィシャル初登場!> グレンアラヒー 12年 46% 700ml
5,775 円 (税込)
『グレンアラヒー蒸留所』 オフィシャルのシングルモルトが、  “初”リリース! シングルモルトの蒸溜所として生まれ変わった グレンアラヒー蒸溜所から、遂にコアレンジが登場!   ★グレンアラヒー蒸溜所 グレンアラヒー蒸溜所はアベラワーの町の郊外に1967 年設立の..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

戦国武将ボトル 加藤清正 グレンアラヒー 22年 1993 700ml 51.8度

戦国武将ボトル 加藤清正 グレンアラヒー 22年  1993  700ml 51.8度
20,369 円
戦国武将ボトル 加藤清正 グレンアラヒー 22年 [1993] 700ml 51.8度
CS Shop

*トップに戻る

アバター

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。