VAT69

VAT69について


VAT69はブレンデッドスコッチウイスキーの人気銘柄の一つで、日本の量販店ではあまり見かけませんが、かなり知名度が高いのでご存知の方も多いかと思います。
1883年にウィリアム・サンダーソンが作り上げたブレンドです。
サンダーソンはモルトとグレーンの原酒比率やモルトのブレンドの比率を変えて100種類の試作品を作り、100の樽(VAT)に入れて、友人や知人を招いてテイスティングをして、その時に100樽の中で満場一致で選ばれたのが69番目の樽であったことから、VAT69と名付けて売り出したそうです。

サンダーソンはスコットランドのリース生まれで、1839年に13歳にしてワイン商のもとで見習いを始め、63年には自らのビジネスを立ち上げ、1880年に息子のウィリアムマークがビジネスに加わり、この息子が自らのブレンドを作るように父のサンダーソンを説得したそうです。

それで、生まれたのがこのVAT69で、満場一致というあたり、なにか如何にもセールス用に作り上げたようなエピソードで無邪気さすら感じますが、そのブレンドの内容は確かなもので、人気を博しました。

映画好きにとってはVAT69といえば、バンド・オブ・ブラザースというドラマでニクソン大尉が飲んでいたことで知られます。

ウイスキーが洋酒と呼ばれて高級酒の代名詞だった時代には、このVAT69も相当に高価であって、簡単に呑めるようなものではありませんでしたが、現在では1000円~2000円の間(それも1000円に近いところ)で販売されるのが一般的で、それほどの高級感のあるものではなくなりました。

VAT69を販売しているウィリアム・サンダーソン&サン社は現在ではディアジオの傘下で、かつてとはかなりブレンドの内容が変わったようで、現在ではキーモルトはロイヤルロッホナガーらしいです。
ブレンドの味わいも、ニクソン大尉が飲んでいた時はかなり変わっているようですが、現在のVAT69は飲みやすいまろやかな味わいです。

ところで、VAT69のラベルのロゴが、相当に都会的というか、ハードロッカーっぽいというか、長い伝統のあるスコッチウイスキーのビンに見えません。
これも特徴的で面白いですね。

*トップに戻る*

アマゾンでVAT69を検索

VAT69(バット69) 40度700ml ブレンデッドスコッチウイスキー

VAT69(バット69) 40度700ml ブレンデッドスコッチウイスキー
¥ 1,166
ASIN: B00439U70M
VAT69
40度/700ミリ
40度/700ミリ 69番目の樽(VAT)という単純明快なネーミング。 辛口ながらまろやかな飲み口に定評があります。 【VAT 69】
CS Shop

*トップに戻る*

楽天でVAT69を検索

VAT(バット) 69 40度 700ml

VAT(バット) 69 40度 700ml
1,010 円 (税込)
評価 4.36
バット69はウィリアム・サンダーソン&ソン社が1882年に発売した歴史のあるブレンデッドウイスキーで、現在はディアジオ社の原酒を使用しています。 1882年にウィリアム=アンダーソンは自身でブレンドした100の樽を用意し、どれが美味しいか専門家を集めました。 その中で69..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

*トップに戻る*

Yahoo!ショッピングでVAT69を検索

VAT69バット69 スコッチウイスキー並行輸入品 40度 700ml

VAT69バット69 スコッチウイスキー並行輸入品 40度 700ml
1,166 円
VAT69バット69 スコッチウイスキー並行輸入品 40度 700ml
CS Shop

*トップに戻る*

アバター

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。