ウィレットファミリーエステート

ウィレットファミリーエステートについて


ウィレットファミリーエステートは、ウィレット蒸溜所(ケンタッキーバーボンディスティラリー社)の銘柄です。
このウィレット蒸留所は、ケンタッキー州バーズタウンで、バーボンの世界では名前を知られたA・ランバート・ウィレットが1936年に創業した蒸留所でしたが、1980年に一度は操業停止に追い込まれます。
その時に蒸留所を買ったのがエヴァン・カールスビーンで、名前をケンタッキーバーボンディスティラリーに改めると、ボトラーズ(瓶詰め業者)として活躍し始めました。




“ウィレットファミリーエステート” の続きを読む

ノアーズミル

ノアーズミルについて


ノアーズミル(NOAH’S MILL)はピュアケンタッキーXOで知られるウィレット蒸留所のプレミアムバーボンです。
ウィレット蒸留所は1980年に一度は操業停止になった蒸留所ですが、その後エヴァン・カールスビーンが買収して、2012年にカールスビーン一家が家族で運営する小さな蒸留所として復活し、高品質なバーボンの製造で注目を集めています。




“ノアーズミル” の続きを読む

コーヴァル(ウイスキー)

コーヴァル(ウイスキー)について


コーヴァル(KOVAL)は、アメリカで近年、大いに注目を集めているクラフトバーボンの雄とも言える蒸留所です。
2008年にシカゴで創業しましたが、これは禁酒法時代以後に始めてシカゴで誕生した蒸留所だそうで、いかに長い間、バーボン、アメリカンウイスキーが苦しい時代を過ごしてきたかが分かります。




“コーヴァル(ウイスキー)” の続きを読む

ロッホローモンド

ロッホローモンドについて


ロッホローモンド(Loch Lomond)とは、スコットランドで最大の湖の名(ローモンド湖)で、湖の中に幾つもの小島が有る風光明媚な土地柄です。
スコットランド民謡のボニー・バンクス・オー・ロッホ・ローモンド(The Bonnie Banks o’ Loch Lomond、邦題「水辺の春」)でも知られます。この曲の歌詞は「異郷で死んだスコットランド人の魂は妖精たちが地下通路で運んで故郷に帰る」という伝説に基づいたもので、ちょっと切ないメロディで良く合唱曲として使われます。
そのロッホローモンドから流れ出している川がリーヴェン川(River Leve)で、短いながら豊かな水量を誇り、その川沿いに18世紀から19世紀にかけて多くの繊維工場が操業していました。現在では新興国の追い上げで衰退していますが、この染色工場の1つがウイスキーの蒸留所に改装されて、現在はロッホローモンドの名前になっています。




“ロッホローモンド” の続きを読む