リズモア(ブレンデッドスコッチウイスキー)

リズモアについて


リズモア(LISMORE)はスコットランド北西部のローン湾に浮かぶリズモア島から名付けられたブレンデッドスコッチウイスキーになります。
リズモアとはゲール語で「大きな庭園」という意味になります。美しい自然に恵まれていて、バードウォッチのメッカとしても知られます。
またスコットランドにキリスト教を布教した製モルアグゆかりの土地でもあります。
オーストラリアのニューサウスウェールズ州にもリズモアという土地がありますが、ここはリズモア島から名付けられたものです。





スコットランドのリズモア島はトバモリーレダイグのあるマル島の奥で、
オーバン蒸留所のあるオーバンの向かい側に位置します。

リズモアの製造元のウイリアム・ランディ社は1904年創業のウイスキー業者で現在は、孫の世代になっていますが、家族経営を守り、グラスゴーを代表する存在になっています。
「妥協を許さぬ品質」を社訓にしており、リズモアの人影まばらな雰囲気をイメージ上のモデルにしたブレンドしたので、このブランド名になったということです。

ラインナップはファイネスト、8年、12年、15年、18年。
いずれも癖が少なく、マイルドで香りが良いので女性にもおすすめのブレンデッドウイスキーです。
いずれもラベルにはリズモア島とマル島の美しい山々が描かれています。

また、ブレンデッドウイスキーの他に、シングルモルトを称するものもありますが、どこの蒸留所の原酒を使用しているのかは明らかにされていません。

*トップに戻る

アバター

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。