オールドポーグ

オールドポーグについて


オールドポーグ(OLD POUGUE)はプレミアムバーボンの銘柄です。
現在でもオールドポーグ蒸留所で現在、創業者の4代目、5代目が作っています。

オリジナルの蒸留所はケンタッキー州メイズビルにあり州の登録蒸留所第3番だったそうです。ヘンリー・エドガー・ポーグ(H・E・ポーグ)がオールドタイム蒸留所を1876年に購入し、ここでオールドポーグケンタッキーストレートバーボンウイスキーというブランドで酒造りを開始。優れた品質で全国に売れ、当時のブランドはオールドタイムサマーマッシュピュアカッパーウイスキー、オールドメイズビルクラブ、ロイヤルクラブなどなど。
この初代のH・E・ポーグは1890年に蒸留所で事故のために亡くなり、息子のH・E・ポーグ2世に引き継がれ、
事業は発展します。1900年の新聞記事によると、ポーグ蒸留所は毎日50バレルのウイスキーを蒸留して、ケンタッキー州で最大の蒸留所の1つで、全米はもちろん、日本からもオーダーがあったそうです。
H・E・ポーグ2世は、1919年に死去するまで、この蒸留所を経営します。


2世が亡くなった時、さらに息子のH・E・ポーグ3世はまだ弱冠23才で第一次大戦を戦っていました。父の死を知った彼は蒸留所を経営するために帰国しますが、すぐにアメリカでは禁酒法が制定され、ウイスキーを含む蒸留酒の販売が禁止されました。

1920年代初期のころはポーグは「オールドジョーダン」のブランドで、薬用の名目で作られた、限られた量のウイスキーを販売していました。その他にもレッドスターラムを製造したりとポーグ3世はがんばりますが、結局は1926年に到頭出荷を終えます。
1933年に禁酒法は廃止されますが、ポーグ3世は蒸留所の再始動を試みる人々のコンサルタントにはなりましたが、自身でポーグ蒸留所の再開を望まず、1935年にシカゴのローズに蒸留所を売却。ローズのもとでポーグ蒸留所は復活することになります。
しかし、第二次大戦中に再び蒸留所は閉鎖され、約60年もの間、市場から消えてしまいます。
 
しかし、H・E・ポーグ4世、H・E・ポーグ5世を含む、ポーグ家直系の子孫であるポーグの5代目、6代目が2005年にブランドを復活。
当初はヘブンヒルの原酒を使い、熟成はボトラーズとして定評のあるケンタッキーバーボンディスティラーズ社(ウィレット蒸留所・ウィレットファミリーエステートノアーズミルで有名)で熟成していました。

そして2012年に満を持して、メイズビルに現在の蒸留所を設立。まだ十分に熟成したバーボンを出荷できるほど営業していないので、実際の製品はまだヘブンヒルの原酒を使っているようですが、そろそろ最初の蒸留分が「程よい」状態になっている頃。

ブレンドのレシピは、先祖から伝えられたものを使っているようで、すでに現在のオールドポーグも十分にプレミアムバーボンとして恥ずかしくない状態ですが、今後はさらなる飛躍が期待されます。

現在、オールドポーグのラインナップはオールドポーグマスターズセレクトとオールドメイズビルクラブ(ライウイスキー)になります。
オールドポーグマスターズセレクトはスモールパッチで91プルーフ(アルコール度数45.5%)。1876年の元のポーグ蒸留所の主力製品であり、家族のもとに一世紀の間、伝えられたレシピを元に作られています。
オールドメイズビルクラブはライウイスキー。元のポーグ蒸留所でも同じ銘柄でライウイスキーを販売していました。

*トップに戻る

アマゾンでオールドポーグを検索

楽天市場オールドポーグを検索

古酒 [希少レア物] オールド ポーグ(POGUE)マスターズ セレクト 45.5度 750ml

古酒 [希少レア物] オールド ポーグ(POGUE)マスターズ セレクト 45.5度 750ml
9,936 円 (税込)
JAN:0080203990070
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

Yahoo!ショッピングオールドポーグを検索

オールドポーグ マスターズセレクト 750ml 直輸入

オールドポーグ マスターズセレクト 750ml 直輸入
5,932 円
1869年南北戦争当時、ポーグ蒸留所はケンタッキー州登録NO.3の蒸留所としてスタート極めて上品で甘やかな香り、しかしながら、味わいは、それほど甘味を感じさせず、むしろさっぱりとしたスムーズなテイストです。
CS Shop

*トップに戻る

アバター

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。