ブロックマンズ プレミアム ジン

ブロックマンズプレミアムジンについて


ブロックマンズはイギリス・ロンドンのブロックマンズ社がつくっているクラフトジンの銘柄になります。

ブロックマンズ社は独立系のジン製造会社で、飲料業界で60年以上の経験とジン蒸留に関する豊富な知識をもつNeil Everitt氏とBob Fowkes氏の2人によって設立され、「滑らかで官能的なジンを作ること」を目的に活動を始めたのだそうです。現在では世界30カ国以上に輸出されており、多くの賞も受賞しています。





“ブロックマンズ プレミアム ジン” の続きを読む

ジ・エグゼック(THE EXEC)

ジ・エグゼックについて


ジ・エグゼック(THE EXEC)はスペイサイドのロセス峡に1897年に設立されたスペイバーン蒸留所のモルトを、コーンズ社のためにスペシャルヴァッティングしたものです。

日本市場のために1989年に発売したものだそうです。



“ジ・エグゼック(THE EXEC)” の続きを読む

一刻者

一刻者について


一刻者は「いっこもん」と発音する、販売は宝酒造の芋焼酎になります。地元の方言で頑固者という意味だそうです。
宝酒造は清酒「松竹梅」で有名な会社で、焼酎では宝焼酎「純」やタカラの缶チューハイで知られています。

焼酎は甲類焼酎と本格焼酎に大別されますが、宝焼酎「純」は甲類。それに対し、一刻者をはじめ、「よかいち」「知心剣」などは本格焼酎になり、本格焼酎の多くの蔵のものに負けない品質を誇っています。

“一刻者” の続きを読む

リッテンハウス ライ ボトルド・イン・ボンド

リッテンハウス ライ ボトルド・イン・ボンドについて


リッテンハウス(Rittenhouse)は、現在はヘブンヒル蒸留所で作られているライウイスキーになります。

かつてはメドレー社というところで製造していた銘柄で、一時は断絶していましたが、ヘブンヒルが古いアメリカンウイスキーの製造法を復興して再現したもので、クラシックなウイスキーのスタイルを今日に取り戻しています。
こうしてカムバックしてきたウイスキーの中では、特にライウイスキー(主原料にライ麦を使ったウイスキー)として非常に親しまれています。
アメリカのウイスキーではワイルドターキーやエズラ・ブルックス、ミクターズなどがラインナップにライウイスキーを載せていることでしられますが、このリッテンハウスのようにライウイスキーのみというのもちょっとめずらしいです。

“リッテンハウス ライ ボトルド・イン・ボンド” の続きを読む