アビンジャラク

アビンジャラクについて


アビンジャラク(Abhainn Dearg)は、スコットランドのアウター・ヘブリディーズ諸島のルイス島の西海岸にあるウィグのカーニッシュ村のスコッチウイスキー蒸留所になります。

アウター・ヘブリディーズ諸島はありませんスコットランドの西岸に連なる鎖状の島々から構成されていて、本土に近いインナーヘブリディーズ諸島からミンチ海峡によって隔てられています。ルイス島が一番人口が多いのですが、それでも2001年時点でも二万人に満たないほどです。





ルイス島の首都であるストーノウェイでは歴史を遡ると1850年代に2年間だけ、合法的な蒸留所が稼働していた時期がありましたが、その僅かな時期以外はずっとウイスキーは本土から輸入するか、密造酒に頼っていました。
そうしたなか、2008年にマーク・テイバーンによって、アビンジャラク蒸留所が生まれました。蒸留所としてはスコットランド最西で、規模も年間一万リットル程度とスコットランド最小規模の蒸留所です。

アビンジャラク(Abhainn Dearg)とはゲール語で「赤い川」といういみだそうで、蒸留所の横を流れるAbhainn Caslabhat川のことで、この川が血に染まったという伝説が色々と残っているそうですが、いつ何故血に染まったのかは誰に聞いても分からない、ということで不可解な伝説です。

アウター・ヘブリディーズ諸島は現在でもゲール語が広く話されていて、1266年まではノルウェー王国が支配したことから、現在でもノース人の文化が残っています。

アビンジャラク蒸留所の最初の製品が販売されてのは2010年で、最初のシングルモルトは2011年と、まだまだ立ち上がったばかりの蒸留所ですが、ボトルは世界中に広がっていて、高い評価を受けています。

インナーヘブリディーズ諸島には、スカイ島ジュラ島マル島などに蒸留所があり、優れたモルトを発表していますが、アウター・ヘブリディーズではこのアビンジャラクが200年ぶりに生まれたぐらいで、まだまだこれからの場所ですが、厳しいながらも豊かな自然に恵まれていて、優れたボトルが生まれる素地は十分。
今後の展開が楽しみな場所です。

*トップに戻る


【全国送料無料】アビンジャラク シングルモルト スペシャルエディション 500ml【RPC】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】【YOUNG..

56,342 円 (税込) 送料込
12時までのオーダー確定で当日出荷 (水曜日は定休日ですが、朝7時までのオーダーで当日出荷(通常便のみ)水曜日は定休日の為、あす楽はお休みです。)ラベル・ボトル形状・度数・年号が予告なく変更になる場合がございます。 2008年、実に150年以上振りに公認蒸留所として誕..


*トップに戻る

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。