十四代

十四代について


十四代は、山形県村山市富並の日本酒の蔵元になります。
日本各地に高木酒造はありますが、その中で、山形県の高木酒造は江戸時代初期の1615年(元和元年)に創業。
それ以来、長らく「朝日鷹」という銘柄が代表銘柄でしたが、1993年(平成5年)に、15代目に事業が受け継がれた後、「十四代」となったそうです。


 十四代は、かつては特別な古酒にだけ付けられていたそうですが、現在の十四代は、15代目が杜氏として初めて完成した酒に「十四代」と命名したのが始まり。
 当時は日本酒は淡麗辛口が人気で、日本酒のコンクールでも淡麗辛口ばかりが高評価を受ける状況にありましたが、そうした傾向の中で敢えて「芳醇旨口」と表現される十四代を開発。
 現在では、一時ほど淡麗辛口ばかりを言わなくなりましたが、そうしたトレンドの変化に十四代は確実に大きな役割を果たしています。
 
現在の十四代は、日本酒の中でも高価でもあり、かなり入手が困難であり、「幻の日本酒」と言われています。

こうした、平成に入ってから、新しい経営者による日本酒が評価を受けて人気になったものとしては、「獺祭」が有名ですが、この高木酒造も杜氏を15代目が自らつとめています。

*トップに戻る

十四代 龍の落とし子 純米大吟醸 日本酒 1800ml 2021年9月詰 ギフト 敬老の日 贈り物

88,000 円 (税込)
評価 5
商 品 名:十四代 純米大吟醸 龍の落とし子 1800ml 酒  別:日本酒 純米大吟醸酒 原 材 料:米、米麹 精米歩合:40% アルコール分:16度 保存方法:冷蔵 醸 造 元:高木酒造 株式会社 産  地:山形県

四十代は男の峠

1,706 円
(中古品)四十代は男の峠 ※お届け:受注後に再メンテ、梱包しますので到着までに2日-7日営業日程度頂いております。

*トップに戻る

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。