晴耕雨読

晴耕雨読について


晴耕雨読(せいこううどく)は本来の意味は、晴れた日は外で田畑を耕し、雨の日には家で読書をして過ごすような悠々自適の生活を指します。
その「晴耕雨読」を銘柄名に冠したのが、佐多宗二商店の芋焼酎の銘柄になります。


佐多宗二商店では、他に不二才、角五、刀などの銘柄に加え、スピリッツやクラフトジンなども作っていますが、何と言っても「晴耕雨読」がメインになります。

佐多宗二商店は明治41年に創業し、この土地で丁寧に酒造りを続けています。

「晴耕雨読」は無印の晴耕雨読の他、かめ壺仕込み、黒麹かめ壺仕込み、ⅩⅩ晴耕雨読などがラインナップされています。

*トップに戻る

お酒 お歳暮 ギフト プレゼント 晴耕雨読(せいこううどく)(芋)1800ml 鹿児島県 佐多宗二商店 焼酎 コンビニ受取対応商品 はこぽす..

2,765 円 (税込)
評価 5
ロックで飲めば、とてもやわらかい香りで口に含んだ瞬間、滑らかな口当たりにビックリ!スーッと喉元をすぎていく清涼感がクセになり、ついついグラスに手が伸びます。芋の甘味と余韻が凄く心地良いです。お湯割りで飲めば、芋の香りはもちろんですが、甘味が更に引き立ちま..

十五年貯蔵晴耕雨読

13,319 円
37度 1.8L 重量  3.0k「晴耕雨読」発売二十周年を記念して、「貯蔵十五年古酒晴耕雨読」の1回限りの発売です。南薩摩産の黄金千貫芋を国産米の白麹で仕込んだ、とても出来の良かった原酒を地中に埋めた甕壺でゆっくり熟成させました。発売以来20年間の中で、一際素晴らし..

*トップに戻る

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。