サントリー角瓶

サントリー角瓶について


サントリー角瓶は、サントリーのブレンデッドウイスキーの銘柄の1つです。
ボリュームゾーンに位置し、トリスやホワイト、レッドよりは上、オールドよりは下という価格帯で販売されています。

角瓶はサントリーの前身である寿屋が1937年にサントリーウイスキー12年として発売。角ばったボトルデザインで独特な亀甲模様があしらわれていて、角瓶とか角という愛称で呼ばれ、後に正式な製品名になります。




“サントリー角瓶” の続きを読む

サントリーオールド

サントリーオールドについて


サントリーオールドは、サントリーがウイスキーメーカーとしての地歩を固めるのに大きな役割を果たした銘柄です。そのボトルデザインからダルマと呼ばれています。

サントリーは日本で始めて本格的な蒸留所(山崎蒸留所)を1923年に開設していらい、29年に赤札、白札、サントリーウイスキー12年(現在のサントリー角瓶)をへて、1940年にようやくサントリーオールドが誕生します。

しかし、日本は戦時下で思うように販売できず、1950年に販売開始。次第に浸透していって、高度経済成長期には寿屋(現在のサントリー)の売上のほとんどがオールドによるものになっていき、サントリーの代表的な銘柄になります。
70年代には和食に合うのは日本酒という既成概念をひっくり返して、料亭や寿司屋、割烹などの日本料理店へ営業をかけていったのも成功の礎となりました。




“サントリーオールド” の続きを読む

ウイルキンソン ジン

ウイルキンソン ジンについて


ウィルキンソン ジンは、ウィルキンソン ウォッカとともにニッカウヰスキーが製造し、アサヒビールが販売しているジンの銘柄です。
1995年から販売している、国産スピリッツですが、昨2018年に中身とパッケージをリニュアルしています。
価格はかなり買いやすく、安心して呑める国産のお手頃スピリッツですね。

ウィルキンソンというと海外ブランドのように思いますが、実は1889年に日本に定住していたクリフォード・ウィルキンソンが兵庫県有馬郡塩瀬村で天然の炭酸鉱泉を発見して、ロンドンに送って調べたところ、医療用・食卓用として優れた品質を持っていることがわかり、1904年にザ・クリフォード・ウヰルキンソン・タンサン・ミネラルウォーター・カンパニーを設立して、ウヰルキンソンタンサンを売り出しました。




“ウイルキンソン ジン” の続きを読む

E・H・テイラー

E・H・テイラーについて


E・H・テイラーはバッファロートレース蒸留所で作られているプレミアムバーボンです。




“E・H・テイラー” の続きを読む

タングルリッジ

タングルリッジについて


タングルリッジ(Tangle Ridge)はカナダ・アルバータ州のカナディアンロッキーにある3000mの山の岸壁の名前で、このあたりはジャスパー国立公園になるそうです。
この石灰岩の岸壁は、ここに氷河があったことの証拠で、1907年に探検家のメアリー・シェイファーが見つけ出したものです。




“タングルリッジ” の続きを読む