宮城峡(ニッカウヰスキー)

宮城峡は、ニッカウヰスキーの宮城峡蒸留所で醸される銘柄。宮城峡は余市に次ぐニッカ第二の蒸留所として仙台市街の西に設立されたもので、竹鶴政孝がこの地を訪れて新川の水を口にして、その味に驚嘆。
工場建設を即決して、昭和44年に創業を開始しています。

余市で作られるモルト原酒は力強い味わいだが、宮城峡のものはローランドのように華やかでフルーティ。爽やかな余韻があります。
宮城峡モルトはスチームによる間接蒸留を選択。ポットスチルの内部にパイプをめぐらせ、約130度の蒸気を通してじっくりと蒸留する方法です。
“宮城峡(ニッカウヰスキー)” の続きを読む

余市(ニッカウヰスキー)

余市は、ニッカウイスキーのプレミアムラインで、ニッカの余市蒸留所で作られています。
ニッカは、スコットランドでウイスキー造りを学んだ竹鶴政孝が始めたウイスキーブランドで、余市蒸留所は1934年設立。竹鶴が学んだロングモーン蒸留所の方式に倣った、石炭直火蒸留を採用しており、これがシングルモルト余市に重厚な味わいを与えています。
“余市(ニッカウヰスキー)” の続きを読む

響(サントリー)

響(HIBIKI)は、19889年にサントリーの創業90周年を記念して誕生したプレミアムウイスキー。同社が所有する約80万の貯蔵樽から響にふさわしい酒齢17年以上の長期熟成モルト原酒を厳選して、グレーン原酒とブレンドさせた、ブレンデッドウイスキーです。
04年からは国際的な品評会で受賞を重ね、14年には英国の酒類コンペティション「ISC」にて「響21年」がウイスキー部門で2年連続でトロフィーを獲得しています。
“響(サントリー)” の続きを読む

マッカラン/ブランド紹介

マッカラン(MACALLAN)は18世紀から製造をはじめ、1824年にスコットランド近郊のハイランド地方で二番目に政府登録蒸留所になった、スコッチウイスキーの名門です。シングルモルトでは最高峰とも言われています。

ザ・マッカラン蒸留所はウイスキー造りの地として名高いスペイサイド地方にあり、ザ・マッカランエステートという約150ヘクタールの農地で栽培された大麦を使用し、水は蒸留所の近隣を流れるスペイ川のそばにある泉の湧き水を使用しています。




“マッカラン/ブランド紹介” の続きを読む

獺祭/ブランド紹介

獺祭は、山口県の旭酒造の銘柄で、世界で高い評価を得ている銘酒。

日本酒は杜氏が生産の責任者として、蔵人を率いて酒造りをするのが習わしでしたが、旭酒造ではこの杜氏を廃し、独特な酒造りをしています。
有名になった日本最高の精米歩合(2割3分)や、遠心分離システムの導入、年中真冬の温度を再現できる空調など、最新の科学的アプローチを駆使し、日本酒の新しい魅力を引き出しています。




“獺祭/ブランド紹介” の続きを読む