オカルティック・ナイン、アホガール、恋と嘘、徒然チルドレンなど1巻無料/キンドル本

アマゾンの電子書籍のキンドル本で、しばらく前にアニメ化されたオカルティック・ナインの1巻、今期のアニメであるアホガール、恋と嘘、徒然チルドレンの1巻が無料で読めます。

いずれも、期間限定にはなっていませんが、アホガール、恋と嘘はアニメの販促の意味もあるだろうから、ある程度の時期になれば無料で読めるのは終わるかも。
Continue reading “オカルティック・ナイン、アホガール、恋と嘘、徒然チルドレンなど1巻無料/キンドル本” »

「大人の科学マガジン」が今月限定でkindle unlimited読み放題対象/kindle unlimited

アマゾンのkindle unlimited会員ならば、今月限定で「大人の科学マガジン」が読み放題対象になっています。
「大人の科学マガジン」は03年から学研が発売している化学系雑誌で、実験キットシリーズも付いています。今回のkindle unlimited企画では、この実験キットは付属しないのが残念ですが、さすがに電子書籍化されているのではやむを得ないでしょう。
Continue reading “「大人の科学マガジン」が今月限定でkindle unlimited読み放題対象/kindle unlimited” »

週刊東洋経済 2016年発行号一挙読み放題(今月限定)/kindle unlimited

kindle unlimitedの今月の限定読み放題企画として、「週刊東洋経済」の2016年発行号が読み放題対象になっています。
週刊東洋経済は、東洋経済新報社が発行している週刊誌で毎号、様々な切り口から経済状況や問題を取り上げています。
2016年発行号なので、昨年の経済誌になりますが、その時々の一時的な情勢を取り上げたというよりも、日本の社会構造を分析したというスタンスなので、読み応えがあります。
Continue reading “週刊東洋経済 2016年発行号一挙読み放題(今月限定)/kindle unlimited” »

「最遊記」シリーズが今月限定でkindle unlimitedで読み放題/kindle unlimited

最遊記がアニメ化記念企画として、kindle unlimited会員ならば読み放題になっています。

最遊記シリーズは峰倉かずや原作のマンガ作品で、最遊記、最遊記RELOAD、最遊記RELOAD BLAST、最遊記外伝、最遊記異聞とあり、これまでも人気でドラマCD やOVA、アニメ化などがされてきましたが、今回は最遊記20周年プロジェクトとして、放映されるものです。
Continue reading “「最遊記」シリーズが今月限定でkindle unlimitedで読み放題/kindle unlimited” »

がきデカ/kindle unlimited

山上たつひこ画業50周年記念の一環で、アマゾンのkindle unlimitedに山上たつひこの代表作である「がきデカ」が加わりました。
がきデカは、少年チャンピオン全盛時代を飾ったギャグ漫画の傑作中の傑作で、私も子供の頃は大好きでした。

かなり下品で、エロもちょっとあるという、少年漫画としてはあまり「教育上よろしくない」マンガであり、それ故に子供の眼には輝いてみえたものです。

kindle unlimited対象は「がきデカ」26巻と「がきデカ 自薦集」7巻。
販売価格も「がきデカ」1巻と「がきデカ 自薦集」は99円、「がきデカ」2巻以降は300円とかなり買い求めやすくなっているのが嬉しいところです(2017.06.30現在)。
Continue reading “がきデカ/kindle unlimited” »

アマゾンのKindleで一迅社フェア開催/キンドル本

アマゾンの電子書籍のKindleコーナーで、一迅社フェアを開催中です。期間は6月29日までで、50%ポイント還元中。
一迅社のタイトル1,776点の小説・コミックなどが50%ポイント還元になっています。

おすすめタイトルは最遊記、政宗くんのリベンジ、おくさまが生徒会長!、未確認で進行形、捏造トラップ、ゆるゆり、バーナード嬢曰く。、ろんぐらいだぁす!、おじさんとマシュマロ、かんなぎなどなど。

Continue reading “アマゾンのKindleで一迅社フェア開催/キンドル本” »

7月2日まで小説・文芸フェア開催中/キンドル本

アマゾンのキンドル本コーナーで、小説・文芸フェアが開催中です。期間は7月2日までで、対象タイトルが希望小売価格から50%オフ以上という内容。

全部で2464作品が対象になっていますが、その中でおすすめを幾つかあげておきます。

Continue reading “7月2日まで小説・文芸フェア開催中/キンドル本” »

『BROTHERS-ブラザーズ』小池一夫・叶精作がお買い得/キンドル本

アマゾンのKindleコーナーで、小池一夫作品がまた1冊当たり33円でお買い得になっています。
対象はBROTHERS-ブラザーズ、オークションハウス、実験人形ダミー・オスカーの3作品が33円です。

期間は明示されていませんが、しばらくすればまた1冊400円程度に上がるものと思われます。
なお、オークションハウスとダミー・オスカーはまとめ買いで一気に買えますが、何故かブラザーズだけはバラ売りになっています。
Continue reading “『BROTHERS-ブラザーズ』小池一夫・叶精作がお買い得/キンドル本” »

ばらかもん 1巻 がお買い得/キンドル本

アマゾンのキンドル本で、お買い得のご紹介です。「ばらかもん」はヨシノサツキのヒット作で、現在は単行本が15巻まで刊行されており、2014年にはTVアニメになっている。さらに、スピンオフ作品として「はんだくん」が連載され、こちらもアニメ化。いずれも好評を博しています。

「ばらかもん」は都会育ちの書道家と、この書道家がある田舎の島(五島列島)に送られて、現地の島民との交流を通して成長していくという物語。
Continue reading “ばらかもん 1巻 がお買い得/キンドル本” »

有頂天家族がお買い得、幻冬舎映像化作品フェア/キンドル本

アマゾンのキンドル本で、6月22日まで、幻冬舎映像化作品フェアとして、幻冬舎の作品で映像化されたものを30%以上オフで販売中です。
日本では、基本的に本の価格というのは古本でない限り、変わらないのですがキンドル本は電子書籍ですが、時期により様々なセールを行っています。

で、今回の幻冬舎のセールで195点が対象ですが、私的おすすめなのはなんといっても有頂天家族。文庫で「有頂天家族」と「有頂天家族 二代目の帰朝」の2作品が対象になっています。
有頂天家族は、森見登美彦の作品で京都の街を舞台にタヌキたちと天狗、金曜倶楽部に代表される怪しい人間たちとの関わりを描いたファンタジーで、数年前に第1作がP.A.ワークスでアニメ化されて、マイ・フェイバリットアニメの1つになるほどハマりました。
その時には、近所の図書館で原作を借りて読んだのですが、原作も十分に面白く、アニメがこのテイストを上手に映像化していたのがよく分かる出来だったのです。
Continue reading “有頂天家族がお買い得、幻冬舎映像化作品フェア/キンドル本” »