「大人の科学マガジン」が今月限定でkindle unlimited読み放題対象/kindle unlimited

アマゾンのkindle unlimited会員ならば、今月限定で「大人の科学マガジン」が読み放題対象になっています。
「大人の科学マガジン」は03年から学研が発売している化学系雑誌で、実験キットシリーズも付いています。今回のkindle unlimited企画では、この実験キットは付属しないのが残念ですが、さすがに電子書籍化されているのではやむを得ないでしょう。
Continue reading “「大人の科学マガジン」が今月限定でkindle unlimited読み放題対象/kindle unlimited” »

週刊東洋経済 2016年発行号一挙読み放題(今月限定)/kindle unlimited

kindle unlimitedの今月の限定読み放題企画として、「週刊東洋経済」の2016年発行号が読み放題対象になっています。
週刊東洋経済は、東洋経済新報社が発行している週刊誌で毎号、様々な切り口から経済状況や問題を取り上げています。
2016年発行号なので、昨年の経済誌になりますが、その時々の一時的な情勢を取り上げたというよりも、日本の社会構造を分析したというスタンスなので、読み応えがあります。
Continue reading “週刊東洋経済 2016年発行号一挙読み放題(今月限定)/kindle unlimited” »

「最遊記」シリーズが今月限定でkindle unlimitedで読み放題/kindle unlimited

最遊記がアニメ化記念企画として、kindle unlimited会員ならば読み放題になっています。

最遊記シリーズは峰倉かずや原作のマンガ作品で、最遊記、最遊記RELOAD、最遊記RELOAD BLAST、最遊記外伝、最遊記異聞とあり、これまでも人気でドラマCD やOVA、アニメ化などがされてきましたが、今回は最遊記20周年プロジェクトとして、放映されるものです。
Continue reading “「最遊記」シリーズが今月限定でkindle unlimitedで読み放題/kindle unlimited” »

がきデカ/kindle unlimited

山上たつひこ画業50周年記念の一環で、アマゾンのkindle unlimitedに山上たつひこの代表作である「がきデカ」が加わりました。
がきデカは、少年チャンピオン全盛時代を飾ったギャグ漫画の傑作中の傑作で、私も子供の頃は大好きでした。

かなり下品で、エロもちょっとあるという、少年漫画としてはあまり「教育上よろしくない」マンガであり、それ故に子供の眼には輝いてみえたものです。

kindle unlimited対象は「がきデカ」26巻と「がきデカ 自薦集」7巻。
販売価格も「がきデカ」1巻と「がきデカ 自薦集」は99円、「がきデカ」2巻以降は300円とかなり買い求めやすくなっているのが嬉しいところです(2017.06.30現在)。
Continue reading “がきデカ/kindle unlimited” »

凱羅 GAIRA -妖都幻獣秘録-/kindle unlimited

アマゾンのkindle unlimitedのおすすめ。この凱羅 GAIRAの全8巻がkindle unlimitedの読み放題対象になっています。
凱羅 GAIRAは板橋しゅうほうの作品で、単行本は双葉社より1987年に2巻、1993年にアスキーより完全版が4巻として発売になっています。
板橋しゅうほうはサイバーパンクを先取りしたといわれる漫画家で、凱羅 GAIRAは文化首都 京都を舞台に地中より発見された凱羅の秘密を求め、怪しい連中が跋扈するアクションマンガ。
Continue reading “凱羅 GAIRA -妖都幻獣秘録-/kindle unlimited” »

月刊MdN 2017年6月号/kindle unlimited

kindle unlimitedで読み放題対象の月刊MdNの6月号。特集は「マンガ、アニメ、イラスト 新世代の才能は何を見て絵を描きはじめたのか?」
現在、人気のイラストレーターやアニメーター、漫画家などが特集されています。

登場するクリエーター達はloundraw、pomodorosa、またよし、米山舞、wataboku、清原紘、けーしんなど。
私の好みは、女性を綺麗に可愛く描くクリエーターで、彼らの美しいイラストがかなりの数、掲載されています。
Continue reading “月刊MdN 2017年6月号/kindle unlimited” »

「室町少年倶楽部」山田風太郎/kindle unlimited

kindle unlimitedの読み放題対象作品からおすすめを。kindle unlimitedは意外と人気作家の小説作品は少なくて、マンガや雑誌メインで読んでいますが、その中でもおすすめです。
風太郎作品では、この「室町少年倶楽部」ぐらい。

山田風太郎は忍法帖で一世を風靡し、数多くの作家に大きな影響を与え、現在でもせがわまさきの「十 ~忍法魔界転生~」が連載中。
確かに忍法帖は面白い作品が多いし、私自身も大好きで「くノ一忍法帖」や「甲賀忍法帖」あたりは何度も読み直したぐらいなのですが、しかし風太郎は長いキャリアの中で何度か、取り組むテーマを変えていて、最初は推理作家としてデビューし、忍法帖を書き、明治モノを書き、室町モノを書き……と変遷していきます。

室町少年倶楽部はその円熟期の室町モノの時代の作品で、この文春文庫版には、表題作と「室町の大予言」という2作の中編が収められています。
Continue reading “「室町少年倶楽部」山田風太郎/kindle unlimited” »

「まじとら!」/kindle unlimited

まじとら! は、香椎ゆたか作のコミックさくひんで、「みんなのコミック」で連載されているウェブ漫画。電子書籍としては1巻、2巻が出ていて、そのいずれもがkindle unlimitedの読み放題対象になっています。
連載自体はまだ続いているので、いずれ続巻もでることになると思いますが、それも期待出来る作品です。
Continue reading “「まじとら!」/kindle unlimited” »

5月限定「テンプリズム」全12巻が読み放題対象/kindle unlimited

テンプリズムは、曽田正人のファンタジーコミック。曽田正人といえば、「め組の大吾」「capeta」などのイメージが強くファンタジーといわれてもあまりピンとこないのですが、さすがにベテランの描き手だけあって、かなりまとまりの良い作品に仕上がっています。
ただ、物語がテンプレで、あまり広がりもない。
Continue reading “5月限定「テンプリズム」全12巻が読み放題対象/kindle unlimited” »

「殺し屋1(イチ)」山本英夫がお買い得/キンドル本

山本英夫のおすすめコミック。この殺し屋1(イチ)の他に、のぞき屋、ホムンクルスといったヒット作を出していて、一作一作が全力投球なだけに作品数自体は多くはないが、いずれも面白い作品。
殺し屋1(イチ)は単行本で全10巻。暴力描写が特徴的で、イチと呼ばれる殺し屋と垣原というヤクザとの抗争を描いたもので、凄絶な展開で01年に映画化された際にはR-18指定を受けているが、性描写ではなく暴力描写でR-18になったのはこれが初でした。
Continue reading “「殺し屋1(イチ)」山本英夫がお買い得/キンドル本” »