グレンダロウ(グレンダロッホ) ウイスキー

グレンダロウ ウイスキーについて


グレンダロウ(Glendalough)は、2,000年代になってから大小多くの蒸留所が再稼働したり新たに建設されたりしているアイルランドの蒸留所の一つです。
アイリッシュウイスキーは元来スコッチウイスキーよりも古い歴史を持ち、19世紀末から20世紀初頭に掛けて、世界で一番”売れて”いるのでしたが、最大の市場であったアメリカで禁酒法が施行されてから、次々と不運に襲われ、第二次大戦後にはアイリッシュコーヒーに使われる程度で見る影もないような状況にまで陥ってます。

しかし、近年になってからは世界的なウイスキー需要の高まりの中でアイリッシュウイスキーが再び注目を集め、前述のようにアイルランドに多くの蒸留所の生まれています。

“グレンダロウ(グレンダロッホ) ウイスキー” の続きを読む

パディ(アイリッシュウイスキー)

について


パディはアイリッシュウイスキーの銘柄。

ジェムソン、パディ、パワーズタラモア・デューレッドブレストグリーンスポットなどを生産しているミドルトン蒸留所で造られている銘柄です

“パディ(アイリッシュウイスキー)” の続きを読む

ミラーズ・スペシャル・リザーブ

ミラーズ・スペシャル・リザーブについて


ミラーズは、アイリッシュウイスキーの銘柄で、もともとは1843年にダブリンのアダム・ミラーズ&カンパニーによって作られ販売開始しました。
最初はプレミアムウイスキーとして生まれ、1960年まで販売され続けました。

“ミラーズ・スペシャル・リザーブ” の続きを読む

パワーズ(アイリッシュウイスキー)

パワーズ(アイリッシュウイスキー)について


パワーズはアイリッシュウイスキーの銘柄の1つで、新ミドルトン蒸留所で現在はtくられています。もともとはアイルランド国内でほとんどが消費されていて、アイルランドでの人気はナンバー1だと言われています。

元来は1791年にダブリンで生まれたジョンズレーン蒸留所で作られていて、1841年にジョンパワー社が入手して、パワーズの原型が整いました。パワーズのウイスキーは成功を収め、その生産量に応じてジョン・パワー氏のダブリンでの社会的な地位もあがったとのことです。

パワー社は従業員を大切にする方針で運営されており、20世紀初頭という早い時期にスタッフの厚生に気を配り、独自のサッカーチームを編成したり、従業員のための住宅の建設をしたりという活動も行っていたそうです。

しかし、アイリッシュウイスキーの凋落期を迎えてパワーズも苦境を迎えます。




“パワーズ(アイリッシュウイスキー)” の続きを読む

ザ・ポーグス アイリッシュウイスキー

ザ・ポーグス アイリッシュウイスキーについて


ザ・ポーグスはイギリスの伝説的なロックバンド。1982年デビューという長い歴史のあるバンドで、一度は解散したものの2001年に再結成。

パンクロックにケルト音楽の要素を持ち込んだケルティック・パンクというジャンルを代表するバンドです。

このザ・ポーグス アイリッシュウイスキーは、そのザ・ポーグスの公式ウイスキーです。アイルランドのウエストコーク蒸留所とのコラボから生まれたもので、スモールパッチ(少量生産)で作っています。
シェリー樽で10年熟成したシングルモルトとバーボン樽で7年熟成のシングルモルトにバーボン樽で4年熟成のグレーンウイスキーをブレンドしています。




“ザ・ポーグス アイリッシュウイスキー” の続きを読む