札幌ウイスキー(SAPPORO WHISKY)

札幌ウイスキー(SAPPORO WHISKY)について


札幌ウイスキー(SAPPORO WHISKY)は札幌酒精が製造する北海道発の地ウイスキーです。
札幌酒精はもともと焼酎甲類メーカーとして昭和8年に操業開始して、北海道の自然の中で酒造りを続けています。
ラインナップを見ると、甲類焼酎、乙類焼酎(本格焼酎)、合成清酒、ウイスキー、ワイン、清涼飲料、みりんなどを生産しています。
札幌ウイスキー(SAPPORO WHISKY)は割合にリーズナブルな37度のものと、40度、43度と分かれていて、アルコール度数が上がるに連れて、単価もあがっていきますが、43度であってもアマゾンで実売が2000円ちょっと。

メーカーのホームページの通販を見ると、12本セットでの販売しかないところを見ると、バーや飲み屋向けの通販が前提なのでしょうね。
庶民があまり気負わずに呑むお酒という位置づけになると思います。




“札幌ウイスキー(SAPPORO WHISKY)” の続きを読む

チェリーウイスキー(笹の川酒造)

チェリーウイスキーについて


チェリーウイスキーは日本の地ウイスキーの中では、知名度も高く、ウイスキーファンの間では比較的知名度が高い存在です。福島県郡山の笹の川酒造という日本酒、焼酎、ウイスキーを生産している酒蔵で操業は明和2年(1765年)と歴史のある酒蔵で、ウイスキーは昭和21年より製造。基本的に清酒がメイン商品でウイスキーはそれほど多く生産しているようではありませんが、東北の地ウイスキーといえば笹の川です。(大手だと、ニッカの宮城峡がありますが、地のメーカーでは笹の川だけになります。)




“チェリーウイスキー(笹の川酒造)” の続きを読む

サンシャインウイスキー

サンシャインウイスキーについて


サンシャインウイスキーは、日本の地ウイスキーの1つで、現在、北陸で唯一の蒸留所で作られています。
文久2年(1862年)創業の若鶴酒造の三郎丸蒸留所で作られています。ウイスキーの製造免許を取得したのが昭和27年(1952年)で、サンシャインという名称は公募により決まったもので、「戦争の中ですべてを失った日本で水と空気と太陽光線からできる蒸留酒によってふたたび日をのぼらせよう」という思いから命名されたそうです。
“サンシャインウイスキー” の続きを読む

甲州/ブランド紹介

甲州はサン、フーズ韮崎工場が造る国産ウイスキーのブランドです。
サン、フーズは山梨でワイン、梅酒、スピリッツ、ブランデーなどのアルコール飲料、そしてみりん、料理酒などを造っている会社で、ウイスキーの銘柄としては甲州と御勅使(みだい)ウイスキーなどがあります。
甲州はかなり買いやすい価格帯のウイスキーで、無印の甲州と甲州ゴールドがあります。
甲州はモルト、グレーン スピリッツですが、甲州ゴールドはモルト、グレーン。
“甲州/ブランド紹介” の続きを読む