サンシャインウイスキー

サンシャインウイスキーについて


サンシャインウイスキーは、日本の地ウイスキーの1つで、現在、北陸で唯一の蒸留所で作られています。
文久2年(1862年)創業の若鶴酒造の三郎丸蒸留所で作られています。ウイスキーの製造免許を取得したのが昭和27年(1952年)で、サンシャインという名称は公募により決まったもので、「戦争の中ですべてを失った日本で水と空気と太陽光線からできる蒸留酒によってふたたび日をのぼらせよう」という思いから命名されたそうです。
“サンシャインウイスキー” の続きを読む

甲州/ブランド紹介

甲州はサン、フーズ韮崎工場が造る国産ウイスキーのブランドです。
サン、フーズは山梨でワイン、梅酒、スピリッツ、ブランデーなどのアルコール飲料、そしてみりん、料理酒などを造っている会社で、ウイスキーの銘柄としては甲州と御勅使(みだい)ウイスキーなどがあります。
甲州はかなり買いやすい価格帯のウイスキーで、無印の甲州と甲州ゴールドがあります。
甲州はモルト、グレーン スピリッツですが、甲州ゴールドはモルト、グレーン。
“甲州/ブランド紹介” の続きを読む

山崎(サントリー)

山崎はサントリーが展開している銘柄で、山崎蒸留所で作られるもの。山崎蒸留所は1923年に日本のウイスキー史に最初に名を残した蒸留所で、京都郊外の山崎の地は千利休も愛したと言われる名水を使って、ウイスキーづくりをしています。
山崎蒸留所のウイスキーづくりの特徴は世界にも類を見ない多彩な原酒の作り分けにあって、発酵工程における木桶発酵槽とステンレス発酵槽の使い分けや蒸留釜の使い分け、貯蔵工程における樽の使い分けなど、全ての工程で些細な原酒の作り分けをしています。

銘柄としての山崎はシングルモルト。1つの蒸溜所で蒸留されたモルトウイスキー(麦芽原料のウイスキー)のみでつくったのがシングルモルトで、作られた土地の気候風土を色濃く反映するので、個性的で香り豊かな味わいが楽しめます。
“山崎(サントリー)” の続きを読む

イチローズモルト

イチローズモルトは、ベンチャーウイスキーという埼玉県秩父市にある酒造メーカーの銘柄。このベンチャーウイスキーの創業者の肥土伊知郎氏は、実家が古くから続く老舗の酒蔵で、氏の父が経営に携わっていた東亜酒造という酒蔵が関西の酒造メーカーに売却され、その営業譲渡した先からウイスキーづくりの撤退を要求され、約4,000樽の原酒が廃棄の危機に見舞われました。
その時に肥土氏は原酒を福島県の蔵に預かってもらう許可を得て04年にベンチャーウイスキーを立ち上げ、07年には秩父に新蒸留所を設立。

“イチローズモルト” の続きを読む