ロバートブラウン(ウイスキー)

ロバートブラウンについて


ロバートブラウンはキリンディスティラリーのウイスキーの銘柄です。日本のウイスキー市場は大手と言えばサントリーとニッカが代表格で、あとは地ウイスキーが気を吐いているという状況なのですが、そうした中で異彩を放っているのがキリンです。

1971年にバーボン、コニャックに続いて、スコッチウイスキーも輸入自由化されて、関税も引き下げられて価格が庶民の手に届くところまで落ちてきたことで、一大輸入洋酒ブームがおこります。
その同年にキリンはシーグラム社、シーバス・リーガル社と業務提携し、翌年には3社の合弁会社キリンシーグラムを設立。御殿場市に蒸留所の建設を開始します。
御殿場は夏は涼しく、冬は寒く、霧が多いという気候で、スコットランドのハイランド地方に似ているということ、富士の伏流水が入手しやすかったということで、蒸留所建設の地として選ばれたそうです。




“ロバートブラウン(ウイスキー)” の続きを読む

オークマスター 樽薫る

オークマスター 樽薫るについて


オークマスター 樽薫るは、キリンディスティラリーが2016年から販売している銘柄です。
ウイスキーのボトルは700ミリのものが多いのですが、640ミリでの販売であり、実売価格は2019年初頭現在で、だいたい1000円前後程度です。

このオークマスターという銘柄はもともとメルシャンが発売しており、メルシャンが軽井沢に所有していた蒸留所のモルトを使用していました。その後キリンがメルシャンを完全子会社にしたのち、2011年に軽井沢蒸留所を閉鎖。オークマスターも販売終了となっていました。

現在発売されている「オークマスター 樽薫る」は、キリンディスティラリーが所有する富士御殿場蒸留所で作られるものです。
元々、この蒸留所では富士山麓という銘柄を作っていて、その中で普及品であった富士山麓 樽熟50°が、2016年にリニューアルして樽熟原酒50°になった際に価格が数百円程度値上がりして、その空白を埋めるように登場したのが「オークマスター 樽薫る」になります。




“オークマスター 樽薫る” の続きを読む

札幌ウイスキー(SAPPORO WHISKY)

札幌ウイスキー(SAPPORO WHISKY)について


札幌ウイスキー(SAPPORO WHISKY)は札幌酒精が製造する北海道発の地ウイスキーです。
札幌酒精はもともと焼酎甲類メーカーとして昭和8年に操業開始して、北海道の自然の中で酒造りを続けています。
ラインナップを見ると、甲類焼酎、乙類焼酎(本格焼酎)、合成清酒、ウイスキー、ワイン、清涼飲料、みりんなどを生産しています。
札幌ウイスキー(SAPPORO WHISKY)は割合にリーズナブルな37度のものと、40度、43度と分かれていて、アルコール度数が上がるに連れて、単価もあがっていきますが、43度であってもアマゾンで実売が2000円ちょっと。

メーカーのホームページの通販を見ると、12本セットでの販売しかないところを見ると、バーや飲み屋向けの通販が前提なのでしょうね。
庶民があまり気負わずに呑むお酒という位置づけになると思います。




“札幌ウイスキー(SAPPORO WHISKY)” の続きを読む

チェリーウイスキー(笹の川酒造)

チェリーウイスキーについて


チェリーウイスキーは日本の地ウイスキーの中では、知名度も高く、ウイスキーファンの間では比較的知名度が高い存在です。福島県郡山の笹の川酒造という日本酒、焼酎、ウイスキーを生産している酒蔵で操業は明和2年(1765年)と歴史のある酒蔵で、ウイスキーは昭和21年より製造。基本的に清酒がメイン商品でウイスキーはそれほど多く生産しているようではありませんが、東北の地ウイスキーといえば笹の川です。(大手だと、ニッカの宮城峡がありますが、地のメーカーでは笹の川だけになります。)




“チェリーウイスキー(笹の川酒造)” の続きを読む