サントリー角瓶

サントリー角瓶について


サントリー角瓶は、サントリーのブレンデッドウイスキーの銘柄の1つです。
ボリュームゾーンに位置し、トリスやホワイト、レッドよりは上、オールドよりは下という価格帯で販売されています。

角瓶はサントリーの前身である寿屋が1937年にサントリーウイスキー12年として発売。角ばったボトルデザインで独特な亀甲模様があしらわれていて、角瓶とか角という愛称で呼ばれ、後に正式な製品名になります。

“サントリー角瓶” の続きを読む

サントリーオールド

サントリーオールドについて


サントリーオールドは、サントリーがウイスキーメーカーとしての地歩を固めるのに大きな役割を果たした銘柄です。そのボトルデザインからダルマと呼ばれています。

サントリーは日本で始めて本格的な蒸留所(山崎蒸留所)を1923年に開設していらい、29年に赤札、白札、サントリーウイスキー12年(現在のサントリー角瓶)をへて、1940年にようやくサントリーオールドが誕生します。

しかし、日本は戦時下で思うように販売できず、1950年に販売開始。次第に浸透していって、高度経済成長期には寿屋(現在のサントリー)の売上のほとんどがオールドによるものになっていき、サントリーの代表的な銘柄になります。
70年代には和食に合うのは日本酒という既成概念をひっくり返して、料亭や寿司屋、割烹などの日本料理店へ営業をかけていったのも成功の礎となりました。

“サントリーオールド” の続きを読む

ニッカ・ザ・麦焼酎

ニッカ・ザ・麦焼酎について


ニッカ・ザ・麦焼酎は、ウイスキーメーカーのニッカが作る麦焼酎の銘柄です。

発売開始は2017年と割合に最近で、ちょくちょく酒屋の棚で見かける銘柄になります。ニッカは、NHKの朝のテレビ小説「マッサン」で知名度が上がり、世界的なウイスキーブームの流れにも乗って、人気が高まっています。
そうした流れの一つとして、新たに取り組んだのがこの麦焼酎です。

“ニッカ・ザ・麦焼酎” の続きを読む

ロバートブラウン(ウイスキー)

ロバートブラウンについて


ロバートブラウンはキリンディスティラリーのウイスキーの銘柄です。日本のウイスキー市場は大手と言えばサントリーとニッカが代表格で、あとは地ウイスキーが気を吐いているという状況なのですが、そうした中で異彩を放っているのがキリンです。

1971年にバーボン、コニャックに続いて、スコッチウイスキーも輸入自由化されて、関税も引き下げられて価格が庶民の手に届くところまで落ちてきたことで、一大輸入洋酒ブームがおこります。
その同年にキリンはシーグラム社、シーバス・リーガル社と業務提携し、翌年には3社の合弁会社キリンシーグラムを設立。御殿場市に蒸留所の建設を開始します。
御殿場は夏は涼しく、冬は寒く、霧が多いという気候で、スコットランドのハイランド地方に似ているということ、富士の伏流水が入手しやすかったということで、蒸留所建設の地として選ばれたそうです。




“ロバートブラウン(ウイスキー)” の続きを読む

オークマスター 樽薫る

オークマスター 樽薫るについて


オークマスター 樽薫るは、キリンディスティラリーが2016年から販売している銘柄です。
ウイスキーのボトルは700ミリのものが多いのですが、640ミリでの販売であり、実売価格は2019年初頭現在で、だいたい1000円前後程度です。

このオークマスターという銘柄はもともとメルシャンが発売しており、メルシャンが軽井沢に所有していた蒸留所のモルトを使用していました。その後キリンがメルシャンを完全子会社にしたのち、2011年に軽井沢蒸留所を閉鎖。オークマスターも販売終了となっていました。

現在発売されている「オークマスター 樽薫る」は、キリンディスティラリーが所有する富士御殿場蒸留所で作られるものです。
元々、この蒸留所では富士山麓という銘柄を作っていて、その中で普及品であった富士山麓 樽熟50°が、2016年にリニューアルして樽熟原酒50°になった際に価格が数百円程度値上がりして、その空白を埋めるように登場したのが「オークマスター 樽薫る」になります。




“オークマスター 樽薫る” の続きを読む