サントリー角瓶

サントリー角瓶について


サントリー角瓶は、サントリーのブレンデッドウイスキーの銘柄の1つです。
ボリュームゾーンに位置し、トリスやホワイト、レッドよりは上、オールドよりは下という価格帯で販売されています。

角瓶はサントリーの前身である寿屋が1937年にサントリーウイスキー12年として発売。角ばったボトルデザインで独特な亀甲模様があしらわれていて、角瓶とか角という愛称で呼ばれ、後に正式な製品名になります。

“サントリー角瓶” の続きを読む

サントリーオールド

サントリーオールドについて


サントリーオールドは、サントリーがウイスキーメーカーとしての地歩を固めるのに大きな役割を果たした銘柄です。そのボトルデザインからダルマと呼ばれています。

サントリーは日本で始めて本格的な蒸留所(山崎蒸留所)を1923年に開設していらい、29年に赤札、白札、サントリーウイスキー12年(現在のサントリー角瓶)をへて、1940年にようやくサントリーオールドが誕生します。

しかし、日本は戦時下で思うように販売できず、1950年に販売開始。次第に浸透していって、高度経済成長期には寿屋(現在のサントリー)の売上のほとんどがオールドによるものになっていき、サントリーの代表的な銘柄になります。
70年代には和食に合うのは日本酒という既成概念をひっくり返して、料亭や寿司屋、割烹などの日本料理店へ営業をかけていったのも成功の礎となりました。

“サントリーオールド” の続きを読む

山崎(サントリー)

山崎はサントリーが展開している銘柄で、山崎蒸留所で作られるもの。山崎蒸留所は1923年に日本のウイスキー史に最初に名を残した蒸留所で、京都郊外の山崎の地は千利休も愛したと言われる名水を使って、ウイスキーづくりをしています。

日本のウイスキーメーカーとしてはトップであるサントリーの主力工場であり、もう一つのジャパニーズウイスキーの雄であるニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝氏が中心になって作り上げた蒸留所で、日本を代表する、と言っても過言ではありません。





“山崎(サントリー)” の続きを読む

白州(サントリー)

白州について

白州は、白州蒸留所で作られるシングルモルトの銘柄になります。

白州蒸留所はサントリーがウイスキー造りを始めて50年目に同社二つ目の蒸留所として、山﨑蒸留所につづいて、1973年に設立されました。
山梨県北杜市の北に八ヶ岳、西に甲斐駒ケ岳を戴き、森林公園工場というコンセプトの元に建設されました。




“白州(サントリー)” の続きを読む

響(サントリー)

響について

響(HIBIKI)は、19889年にサントリーの創業90周年を記念して誕生したプレミアムウイスキー。同社が所有する約80万の貯蔵樽から響にふさわしい酒齢17年以上の長期熟成モルト原酒を厳選して、グレーン原酒とブレンドさせた、ブレンデッドウイスキーです。
04年からは国際的な品評会で受賞を重ね、14年には英国の酒類コンペティション「ISC」にて「響21年」がウイスキー部門で2年連続でトロフィーを獲得しています。




“響(サントリー)” の続きを読む