駒ケ岳(マルスウイスキー)

マルスウイスキーは焼酎で有名な本坊酒造のウイスキーの銘柄。日本で初めてウイスキー造りをスコットランドで学んできたのは竹鶴政孝であって、ニッカの創業者として有名ですが、その竹鶴を覇権したのが岩井喜一郎という人物で、彼は醸造技術者として摂津酒造(現在の宝ホールディングス)でアルコール連続蒸留装置を考案して明治45年には新式焼酎(甲類)を製造開始、1919年(大正8年)には合成清酒を開発して、大量生産の方式を確立した人物です。
その後、1945年(昭和20年)に本坊酒造の顧問に就任し、1960年(昭和35年)にウイスキー部門の計画を任され、有名な「竹鶴ノート」をもとに、山梨でウイスキー蒸留工場を造り本格的なウイスキーを作り始めます。
その後、一度は撤退するものの、1981年(昭和56年)に鹿児島工場での生産開始。本坊酒造の銘柄「宝星」から引いた「火星(マルス)」で、マルスウイスキーと名付けて生産開始。
1985年(昭和60年)には長野県駒ケ岳山麓のマルス信州蒸留所に受け継がれ、駒ケ岳はシングルモルトで、トップレンジのウイスキーとしてシリーズ化されています。
“駒ケ岳(マルスウイスキー)” の続きを読む