ミドルトン ベリーレア

ミドルトン ベリーレアについて


ミドルトン ベリーレアは、アイルランドの4つの蒸留所の1つ、ミドルトン蒸留所から出ている銘柄。ミドルトンからはレッドブレスト、ジェムソン、タラモア・デューなど幾つもの銘柄が出ていますが、その中でもミドルトン ベリーレアは蒸留所の名を冠したフラッグシップとも言えます。

ミドルトン蒸留所は1825年に操業を開始し、1975年に世界最大の蒸留機を有する新ミドルトン蒸留所が旧来のミドルトン蒸留所の背後に完成したもので、現在もピュアポットテイルウイスキーを蒸留しているのはこのミドルトンのみです。

“ミドルトン ベリーレア” の続きを読む

ホワイトホース

ホワイトホースについて


ホワイトホースは、日本でも非常に知名度の高い銘柄で、入手のしやすさから多くの人に愛されています。
キーモルトはアイラモルトのラガヴーリンで他にオルトモーア、クライゲラキ、グレンエルギンなどのスペイサイドモルトが加わっています。
ブランドの始まりは1881年。ピーター・マッキーによって創業。ホワイトホースの名前の由来はマッキー家の近所でエディンバラ城にほど近いスコットランド独立軍の酒場兼定宿の「ホワイトホースセラー(白馬亭)」という宿屋からとられたもの。この宿屋は自由と独立のシンボルであったそうで、ラベルの白馬はホワイトホースセラーの看板を描いたもので、1742は同宿の創業年。
“ホワイトホース” の続きを読む

ティーチャーズ

ティーチャーズについて


ティーチャーズは酒屋などで割りと見かける銘柄です。
創業者はウイリアム・ティーチャーズ。1832年に、妻がグラスゴーで開いていた食料品店で最初のブレンドを作ります。その後1856年に酒類販売免許を取得して酒販店を開店。1863年になってようやく「ティーチャーズ ハイランドクリーム」を発表。
ハイランドクリームとは、ハイランドモルトの粋を集めてブレンドした「ハイランドの精華(クリーム)」という意味で、現在までティーチャーズの中心的なアイテムになっています。

その後は創業者が世を去ったのちもブランドは継続し、1899年には同社初のシングルモルト蒸留所のアードモア蒸留所を設立。ティーチャーズ特有のフレーバーに欠かせない、ビートを使用したシングルモルトの安定供給を実現しました。
“ティーチャーズ” の続きを読む

オールドパー

オールドパーについて


オールドパーはスコッチのブレンデッド・ウイスキー。
名前の由来となったトーマス・パーは152歳まで生きたと言われるイギリス人で、100歳を過ぎてから女性関係で問題をおこしたり、ルーベンスやヴァン・ダイクの絵画にも描かれたりというけっこう波乱の人生を送った。
実は彼の伝承は、彼の祖父と混同されていて、そんなに長生きではなかったらしいが、今では伝説上の人物として愛されています。
“オールドパー” の続きを読む

J&B

J&Bについて


J&Bはジャステリーニ&ブルックス社という会社の持つブレンデッド・ウイスキーの銘柄です。
この会社自体は、創業が1749年という老舗。創業者のジャコモ・ジャステリーニはイタリア人で、意中のオペラ歌手を追ってロンドンに渡り、その後ワイン商として成功したという人物。1760年には王室御用達を得るなど、ビジネスマンとしても優秀で、会社は長く存在し、1933年になってからウイスキーを発表。これは禁酒法が終わったアメリカ市場を意識したもので、その目論見は見事に当たり、現在でもアメリカでのスコッチウイスキーの売上はナンバー1、世界的に見ても、ジョニ赤に次いで2位になります。

J&Bはスペイサイドモルトを中心に多くの原酒をブレンドして作られており、いわゆるブレンデッド・ウイスキーとしては常套的なもの。
それでありながら、ちょっとウイスキーらしくないイエロー地に赤の鮮やかなラベルは、バーの棚で見つけやすいようにという意図から考案されたそうです。
“J&B” の続きを読む