アイルオブアラン

アイルオブアランについて


アイルオブアラン(Isle of Arran)は、アイランズモルトの一つで、スコットランド、ノース・エアシャーのクライド湾に浮かぶアラン島の蒸留所であるアイルオブアラン蒸留所のシングルモルトです。
アイルオブアラン蒸留所は、1994年創業という新しい蒸留所。シーバスリーガルの専務取締役だったハロルド・カリーが退職後に自分の蒸留所を持ちたいという夢を叶えたものです。アラン島北部のロッホランザに近代的な設備を備えた小さな蒸留所を建てて、ウイスキーの製造を開始しました。




“アイルオブアラン” の続きを読む

レダイグ

レダイグについて


レダイグはアイランズ・モルトの一角で、スコットランドのマル島の港町トバモリーにあるトバモリー蒸留所で作られています。
トバモリー蒸留所では、トバモリーとこのレダイグの2つのシングルモルトをリリースしています。




“レダイグ” の続きを読む

ローズバンク

ローズバンクについて


ロースバンクはスコットランド・フォルカーク、フォースアンドクライド運河の辺りに建つ蒸留所です。
1,798年にはすでにこのフォルカークに蒸留所が存在したという記録があり、スターク兄弟によって運営されていましたが、蒸留所の名称は不明です。
1,817年にジェームズ・ロバートソンがこのスターク家の蒸留所の近くにローズバンクという名前の蒸留所が開業したと伝えられますが、これは1,819年までしか開かれていませんでした。




“ローズバンク” の続きを読む

リトルミル

リトルミルについて

リトルミルはスコットランド最古を謳う蒸留所で、現在は残念ながらすでに閉鎖されていますが、長い歴史を誇る蒸留所です。
リトルミルのある場所はハイランドとローランドの境界近くでオーヘントッシャンの北西にあるクライド川に面した場所にあります。区分はローランドの方に区分されています。

この場所で1750年代ぐらいからウイスキーの製造はされていたらしいですが、歴史に残る創業年は1772年。それ以後、リトルミルは何度か所有者が変わり、中でも1825年から39年まで蒸留所を保有したのは、おそらく市場初めての女性蒸留業者であると言われるジェーン・マクレガーで、歴史の重みを感じさせます。




“リトルミル” の続きを読む

ブラッドノック

ブラッドノックについて


ブラッドノック(Bladnoch)は、ローランドモルトの一つですが、蒸留所がある場所はスコットランド南端でイングランドのほど近く、まっカース半島に位置しています。ローランドはただでさえ、現存する蒸留所は数が少なく、その中でもブラッドノック蒸留所は他からかなり離れた場所にポツンとある……といったロケーションです。

この場所はストランラー港が近くにあるので北アイルランドへはグラスゴーやエディンバラに行くよりも容易で、非常に風景が美しいところです。
ブラッドノックという名前は仕込み水に使っているブラッドノック川に由来するそうです。

創業は1817年でジョン・マクレランド、トーマス・マクレランドによって作られ、当初から順調に推移して、1887年頃には敷地は2エーカー(2400坪)で、さらに50エーカー(6万1千坪)の農場を創業者の一族が所有していました。
ジョン・バーナードが蒸留所をこの1887年に見学し、その様子を書き残していますが、繁栄の様子が伺えるものです。

1890年代のスコッチウイスキーの大不況で、ブラッドノックも大きな打撃を受け、1911年から1937年まではアイルランドの会社の傘下に入り、第二次大戦中には生産中止。さらに1947年ごろまでには蒸留所自体も閉鎖されて、1957年までその閉鎖は続きます。




“ブラッドノック” の続きを読む