アイル・オブ・ジュラ スーパーステーション

アイル・オブ・ジュラ スーパーステーションについて


アイル・オブ・ジュラは、有名なアイラ島の沖合いにある小さな島のジュラ島にある唯一の蒸留所、ジュラ蒸留所の銘柄です。
スーパーステーションとは迷信という意味で、ラベルにはエジプト十字架と呼ばれる文様です。このエジプト十字架は古代エジプトのヒエログラフで生と死、男性と女性の均衡を意味して、不滅の神の力が宿ると言われています。




“アイル・オブ・ジュラ スーパーステーション” の続きを読む

アイル・オブ・ジュラ エリクサー

アイル・オブ・ジュラ エリクサーについて


アイル・オブ・ジュラ エリクサーは、アイル・オブ・ジュラのプレミアムで、エリクサー(エリクシール)とは「万能薬」の意味です。
ジュラ島は、スモーキーで知られるアイラモルトを作るアイラ島のさらに沖合いにあり、ジュラ島とはバイキングの言葉で「鹿ノ島」といういみだそうで、人口200人に対して野生の鹿が5000頭も住んでいるそうです。




“アイル・オブ・ジュラ エリクサー” の続きを読む

アイル・オブ・ジュラ プロフェシー

アイル・オブ・ジュラ プロフェシーについて


アイル・オブ・ジュラ プロフェシーは、有名なアイラ島のさらに沖合にあるジュラ島の唯一の蒸留所であるジュラ蒸留所で作られる銘柄です。
このアイル・オブ・ジュラ蒸留所は1810年に創業しましたが、決して順調なものではなく、長期の休止もありましたが、現在はホワイトアンドマッカイが経営するようになって安定し、優れた質の製品を生み出しています。




“アイル・オブ・ジュラ プロフェシー” の続きを読む

トバモリー

トバモリーについて


トバモリーはスコットランドの西海岸に浮かぶマル島にある港町のトバモリーにある唯一の蒸留所、トバモリー蒸留所で作られるモルトです。このマル島は有名なアイラ島よりもさらに北にあり、近年では風光明媚な土地柄から、隠れたリゾート地として徐々に人気になっています。マル島の海岸は入り組んでいて山が多く、トバモリーの町は穏やかな港で、様々な大きさの船が浮かんでいます。
トバモリー蒸留所は1798年にビールの醸造所としてスタートした後に、ウイスキーの蒸留を開始。スコットランドで最も古い蒸留所の一つでありながら、休止期間が長く、19世紀と20世紀の殆どの期間、トバモリーは生産を行っていませんでした。




“トバモリー” の続きを読む

スキャパ(SCAPA)/ブランド紹介

スキャパはオークニー諸島最大の島であるメインランドに位置する蒸留所です。スコットランドの最北エリアに位置していて、厳しいが美しい風景の中でウイスキー造りをしています。スキャパ(SCAPA)はノース語(ヴァイキングの言葉)で「ボート」の意味。伝説によると、海の大怪獣に捧げられそうになった王姫を救い出すため、若者がピートを積んだ小舟で出撃して、船もろとも怪獣の口に飛び込んで腹の中でピートを燃やして怪獣を退治し、その歯が大小70にもなるオークニー諸島になったということです。

スキャパは1885年に島の南のスキャパ海峡に面して設立され、現在に至るまでウイスキーづくりを続けています。
スキャパはアイランドモルトでは珍しくノンピーテッド麦芽を使用。現在でもめったに見られないローモンド・スチルで初蒸留をしており、このためライトでエレガントな味わいのモルト原酒が生まれます。





“スキャパ(SCAPA)/ブランド紹介” の続きを読む