アイルオブアラン

アイルオブアランについて


アイルオブアラン(Isle of Arran)は、アイランズモルトの一つで、スコットランド、ノース・エアシャーのクライド湾に浮かぶアラン島の蒸留所であるアイルオブアラン蒸留所のシングルモルトです。
アイルオブアラン蒸留所は、1994年創業という新しい蒸留所。シーバスリーガルの専務取締役だったハロルド・カリーが退職後に自分の蒸留所を持ちたいという夢を叶えたものです。アラン島北部のロッホランザに近代的な設備を備えた小さな蒸留所を建てて、ウイスキーの製造を開始しました。




“アイルオブアラン” の続きを読む

レダイグ

レダイグについて


レダイグはアイランズ・モルトの一角で、スコットランドのマル島の港町トバモリーにあるトバモリー蒸留所で作られています。
トバモリー蒸留所では、トバモリーとこのレダイグの2つのシングルモルトをリリースしています。




“レダイグ” の続きを読む

アイル・オブ・ジュラ スーパーステーション

アイル・オブ・ジュラ スーパーステーションについて


アイル・オブ・ジュラは、有名なアイラ島の沖合いにある小さな島のジュラ島にある唯一の蒸留所、ジュラ蒸留所の銘柄です。
スーパーステーションとは迷信という意味で、ラベルにはエジプト十字架と呼ばれる文様です。このエジプト十字架は古代エジプトのヒエログラフで生と死、男性と女性の均衡を意味して、不滅の神の力が宿ると言われています。




“アイル・オブ・ジュラ スーパーステーション” の続きを読む

アイル・オブ・ジュラ エリクサー

アイル・オブ・ジュラ エリクサーについて


アイル・オブ・ジュラ エリクサーは、アイル・オブ・ジュラのプレミアムで、エリクサー(エリクシール)とは「万能薬」の意味です。
ジュラ島は、スモーキーで知られるアイラモルトを作るアイラ島のさらに沖合いにあり、ジュラ島とはバイキングの言葉で「鹿ノ島」といういみだそうで、人口200人に対して野生の鹿が5000頭も住んでいるそうです。




“アイル・オブ・ジュラ エリクサー” の続きを読む

アイル・オブ・ジュラ プロフェシー

アイル・オブ・ジュラ プロフェシーについて


アイル・オブ・ジュラ プロフェシーは、有名なアイラ島のさらに沖合にあるジュラ島の唯一の蒸留所であるジュラ蒸留所で作られる銘柄です。
このアイル・オブ・ジュラ蒸留所は1810年に創業しましたが、決して順調なものではなく、長期の休止もありましたが、現在はホワイトアンドマッカイが経営するようになって安定し、優れた質の製品を生み出しています。




“アイル・オブ・ジュラ プロフェシー” の続きを読む