ヘーゼルバーン

ヘーゼルバーンについて


ヘーゼルバーンはキャンベルタウンモルトの一つで、スプリングバンク蒸留所で作られています。ヘーゼルバーンという名称はかつてキャンベルタウンにあった蒸留所から名付けられたそうです。
キャンベルタウンスコッチの復興を目指して、スプリングバンクで1997年から生産しているとのことです。
蒸留は3回で麦芽乾燥にピートを用いないのが特徴。




“ヘーゼルバーン” の続きを読む

キルケラン/ブランド紹介

キルケラン(Kilkerran)はキャンベルタウンに125年ぶりに新たに設立された蒸留所で、2004年にオープン。
1925年に閉鎖された蒸留所の敷地内に設立されたもので、蒸留所の名前のグレンガイルはすでに他社のブランドになっているため、キルケランの名前でリリースされています。キャンベルタウンの雄であるスプリングバンクの蒸留所でフロアモルティングされた麦芽を使い、スプリングバンクと同じクロスヒル湖の水を使用し、2回蒸留しています。
生産量は少ないのですが、毎年成長していく、現在進行形の銘柄としてスコッチ好きの心を掴んでいます。
“キルケラン/ブランド紹介” の続きを読む

スプリングバンク/ブランド紹介

スプリングバンク(Springbank)はキャンベルタウンモルトの雄。かつては、30以上の蒸留所が並び、スコッチウイスキーの4大産地の1つでしたが、現在ではグレンスコシアとこのスプリングバンク、そしてスプリングバンクと同じ蒸留所内で作られるヘーゼルバーンとロングロウのシングルモルトぐらいしか残っていません。ヘーゼルバーンもロングロウもかつてはキャンベルタウンの有力銘柄であったもので、それを復興しているスプリングバンクはキャンベルタウンモルトの旗手としての矜持を感じさせます。




“スプリングバンク/ブランド紹介” の続きを読む

グレンスコシア/ブランド紹介

グレンスコシア(Glen Scotia)はかなり入手困難なキャンベルタウンモルト。スコッチウイスキーは産地によってハイランド、ローモンド、アイラ、キャンベルタウンの4つに分類されていましたが、この中でキャンベルタウンはかつては30以上もの蒸留所がありましたが、現在ではこのグレンスコシアを入れても3蒸留所のみ。
グレンスコシアは創業が1832年と古いのですが、70年代から90年代まで経営が安定せず、閉鎖と再開を繰り返しており、かなりの入手困難な銘柄になっていました。
現在はオーナーが変更になってからはすべてのボトルがノンチルフィルターでのボトリングで古き良き時代のキャンベルタウンモルトを実現。入手も少しずつですが改善されています。
“グレンスコシア/ブランド紹介” の続きを読む