ラングサイド

ラングサイドについて


ラングサイドは、ラングサイドディスティラーズという会社のブレンデッドウイスキーの銘柄になります。

ラングサイドディスティラーズは、もともとダグラス・レイン社の子会社でしたが、そのダグラス・レイン社も2013年に創立者の2人の子供によって、ダグラス・レイン社とハンター・レイン社に分裂していて、現在はハンター・レイン社の系列にあるそうです。




“ラングサイド” の続きを読む

ベイリー・ニコル・ジャーヴィー(BNJ)

ベイリー・ニコル・ジャーヴィー(BNJ)について


ベイリー・ニコル・ジャーヴィー(Bailie Nicol Jarvie)はサー・ウォルター・スコットの小説「ロブ・ロイ」に登場する人物のことで、その名前を冠したブレンデッドウイスキーになります。

19世紀後半にワイン商人であったニコル・アンダーソンによって作られたのが最初で、その時にアンダーソンは「ロブ・ロイ」にちなんで、愛国的なグラスウェッジの治安判事で商人、ローランド地方の紳士であるベイリー・ニコル・ジャーヴィーの名前をつけました。この名前はちょっと長いので、ブランドが人気を博するにつれて、BNJと呼ばれる様になっていきます。
ニコル・アンダーソンの会社は1881年頃にグラスゴーで設立されますが、20世紀に入って第一次世界大戦で躓き、1919年にぐリノック蒸留所のRソーン&サンズ社が資産を受け継ぎ、しかしソーン社も1921年に破産して、マクドナルド&ミュアオブリース社が破産管財人からBNJブランドを入手します。




“ベイリー・ニコル・ジャーヴィー(BNJ)” の続きを読む

チェイベック(チェベック)ブレンデッドウイスキー

チェイベックについて


TÈBHEAGはチェイベックまたはチェベックと発音します。今でもゲール語を日常語とする人のためのウイスキーで、ラベルに記載されているのも全てゲール語になっています。ちなみにチェイベックとは「リトルレディ」という意味だそうです。




“チェイベック(チェベック)ブレンデッドウイスキー” の続きを読む

ピッグスノーズ

ピッグスノーズについて


ピッグスノーズ(PIG’S NOSE)はイアンマクラウド社のブレンデッドウイスキーの銘柄になります。
元々はシープディップというブレンデッドモルトを70年代につくっていて、M.K.ダウズウエル社が、その成功に気を良くして2番めのブランドとして、このピッグスノーズを発売したのです。

当時は地元の小売店がターゲットで、販売方法も小売店がクラブのメンバーにならないといけないという独特なものでしたが、それが徐々に成功して国外まで売れるようになったのだそうです。

“ピッグスノーズ” の続きを読む