デュワーズ

デュワーズについて


デュワーズはスコッチウイスキーの知名度の高い銘柄で、ジョン・デュワーアンドサンズ社によって製造されているブレンデッドウイスキーです。
1846年にジョン・デュワーによって製造が始まり、息子のトミー・デュワーがネオンサインや映画を利用したキャンペーンを展開し、デュワーズを世界的なブランドへと成長させました。




“デュワーズ” の続きを読む

LABEL5(ラベルファイブ) スコッチウィスキー

LABEL5について


LABEL5(ラベルファイブ)は、日本ではあまり見かけないブレンデッドスコッチウィスキーの銘柄です。比較的、入手しやすい手段としては、北海道、関東に店舗の多い酒類の量販店「やまや」で販売されています。
平べったいデザインのボトルに入っていて、ボリュームラインは700ミリで1000円前後と、多くのブレンデッドスコッチウィスキーのメジャー銘柄と比べても、とくに割高感はなく、手の出しやすいものになっています。
“LABEL5(ラベルファイブ) スコッチウィスキー” の続きを読む

グランツ(スコッチウイスキー)

グランツについて


グランツは、ブレンデッドスコッチウイスキーの銘柄の1つで、日本ではホワイトホースやバランタインなどの有名な銘柄に比べると知名度は低いのですが、とても高い実力を誇る銘柄です。ウイリアムグランツアンドサンズが手がけており、三角柱のようなボトルが特徴です。同社はグレンフィディックやバルヴェニー、キニンヴィの蒸留所も所有しており、これらの有名なシングルモルトを使ってブレンドされており、他社を含めると25種ものモルト原酒を使っているそうです。そのレシピは100年以上も前に作られています。
“グランツ(スコッチウイスキー)” の続きを読む

ホワイトホース

ホワイトホースについて


ホワイトホースは、日本でも非常に知名度の高い銘柄で、入手のしやすさから多くの人に愛されています。
キーモルトはアイラモルトのラガヴーリンで他にオルトモーア、クライゲラキ、グレンエルギンなどのスペイサイドモルトが加わっています。
ブランドの始まりは1881年。ピーター・マッキーによって創業。ホワイトホースの名前の由来はマッキー家の近所でエディンバラ城にほど近いスコットランド独立軍の酒場兼定宿の「ホワイトホースセラー(白馬亭)」という宿屋からとられたもの。この宿屋は自由と独立のシンボルであったそうで、ラベルの白馬はホワイトホースセラーの看板を描いたもので、1742は同宿の創業年。
“ホワイトホース” の続きを読む

ティーチャーズ

ティーチャーズについて


ティーチャーズは酒屋などで割りと見かける銘柄です。
創業者はウイリアム・ティーチャーズ。1832年に、妻がグラスゴーで開いていた食料品店で最初のブレンドを作ります。その後1856年に酒類販売免許を取得して酒販店を開店。1863年になってようやく「ティーチャーズ ハイランドクリーム」を発表。
ハイランドクリームとは、ハイランドモルトの粋を集めてブレンドした「ハイランドの精華(クリーム)」という意味で、現在までティーチャーズの中心的なアイテムになっています。

その後は創業者が世を去ったのちもブランドは継続し、1899年には同社初のシングルモルト蒸留所のアードモア蒸留所を設立。ティーチャーズ特有のフレーバーに欠かせない、ビートを使用したシングルモルトの安定供給を実現しました。
“ティーチャーズ” の続きを読む