ポッチゴー

ポッチゴーについて


ポッチゴーは、ヴァッテッドモルト(ピュアモルト)の銘柄で、Poit Dhubhと書いてポッチゴーと発音します。ゲール語で「黒いポット」という意味だそうです。

製造元はブラバン・ナ・リンネ社で、1976年にスカイ島に設立された会社だそうです。スカイ島は、タリスカー蒸留所があることで知られた島で、ポッチゴーもタリスカーがキーモルトという噂があるそうです。




“ポッチゴー” の続きを読む

ブレアモア(スコッチ)

ブレアモア(スコッチ)について


ブレアモアはスコッチウイスキーのヴァッテッドモルト(ピュアモルト)の銘柄の一つです。
カナダのアルバータ州にブレアモア(BLAIRMORE)という地名がありますが、このウイスキーの方はBRAIRMHORと綴ります。
製造元のカーマイケル社はインバーハウスの子会社で、同系列のノックドゥをキーモルトに最大20種類のモルトウイスキーをブレンドしているそうです。

ヴァッテッドモルト(ピュアモルト)はブレンデッドウイスキーとは違い、異なった蒸留所のモルトウイスキー(大麦麦芽を原料としたウイスキー)をヴァッテッドさせたもので、ブレアモアはハイランドとスペイサイドの地域から集めているとのこと。




“ブレアモア(スコッチ)” の続きを読む

ベリーズオールモルト

ベリーズオールモルトについて


ベリーズオールモルト(Berry’s All Malt)はいわゆるヴァッテッドモルトの銘柄の一つです。

スコッチウイスキーといえば、一つの蒸留所のモルトウィスキー(大麦麦芽を原料としたもの)をブレンドしたシングルモルト、複数の蒸留所のモルトウィスキーにグレーンウイスキー(その他の穀類を原料としたもの)をブレンドした、ブレンデッドウイスキーの2つが大きな流れとしてありますが、もう一つヴァッテッドモルトウイスキーまたはピュアモルトウイスキーと呼ばれる分野もあります。

このヴァッテッドモルトは、複数の蒸留所から集めてきたモルトウィスキーの原酒をブレンドしたもので、グレーンウイスキーは含まれていないのが特徴です。
あまり日本ではスコッチのヴァッテッドモルトは見かけませんが、本国ではけっこうメジャーな存在。
ニッカウヰスキーの竹鶴ピュアモルトがニッカの宮城峡蒸留所と余市蒸溜所のモルト原酒をブレンドしていますが、これが一番有名かも。




“ベリーズオールモルト” の続きを読む