シップスミス クラフトジン

シップスミスについて


シップスミスは2008年にロンドンで生まれたクラフトジンの銘柄になります。
クラフトジンは、材料を厳選して少量生産で丁寧に作られたジンで、近年は世界中で人気を博しています。クラフトジン人気に火がついたのは、イギリスが最初で、その立役者ともなったのがシップスミスです。

シップスミスは、18世紀、19世紀のジンの製法を再現して、10種のボタニカルをじっくりと浸漬して、19世紀の銅製蒸留器を再現して使用するなど、こだわりの製法で作られています。




“シップスミス クラフトジン” の続きを読む

エギュベル ジン

エギュベルについて


エギュベルジン(Eyguebele Gin))は南フランスのプロヴァンス地方にあるトラピスト派エギュベル修道院で作られるクラフトジンの銘柄になります。

ジンというとロンドンドライジンの印象が強いのですが、近年は世界的なジンブームの中、様々なジンが人気になっています。そうした中で、このエギュベルは日本では知名度はあまり高くないですが、歴史のある銘柄になります。




“エギュベル ジン” の続きを読む

槙-KOZUE-

槙-KOZUE-について


槙-KOZUE-は、中野BCという酒造メーカーが展開するクラフトジンの銘柄になります。
中野BCは和歌山の酒造メーカーで、1932年に当初は「中野醤油店」として創業。他社に類を見ない蒸熟法である「大豆蒸熟法」で品質の向上と製造の合理化に成功し、戦後すぐに「富士白」という甲類焼酎の製造を始めます。
その後清酒の生産も始め、現在では日本酒、梅酒、焼酎、スピリッツ、ワイン、みりんなどのアルコール飲料を始め、ノンアルコール飲料、健康・美容商品などを幅広く手掛けています。





“槙-KOZUE-” の続きを読む

ブロックマンズ プレミアム ジン

ブロックマンズプレミアムジンについて


ブロックマンズはイギリス・ロンドンのブロックマンズ社がつくっているクラフトジンの銘柄になります。

ブロックマンズ社は独立系のジン製造会社で、飲料業界で60年以上の経験とジン蒸留に関する豊富な知識をもつNeil Everitt氏とBob Fowkes氏の2人によって設立され、「滑らかで官能的なジンを作ること」を目的に活動を始めたのだそうです。現在では世界30カ国以上に輸出されており、多くの賞も受賞しています。





“ブロックマンズ プレミアム ジン” の続きを読む

北水鐘(きたすいしょう)

北水鐘(きたすいしょう)について


北水鐘(きたすいしょう)は北海道発のクラフトジンになります。水鐘は、鐘をついたときの音が水面に波紋として広がっていくように、ボタニカルの香りや余韻が広がっていくという意味を込めて、北海道の水鐘で北水鐘となづけたそうです。

“北水鐘(きたすいしょう)” の続きを読む