ルモルトン(Lemorton)

ルモルトン(Lemorton)について


ルモルトン(Lemorton)はカルバドスの名門の1つです。
カルバドスとは、フランス北西部ノルマンディ地方のカルバドス地区で作られているりんごを原料にしたブランデーを意味します。
このカルバドス地区以外で作られたアップルブランデーはカルバドスを名乗ることが出来ません。カルバドス製造の歴史は1553年の古文書に蒸留の記録が残るほど歴史が古いのですが、フランス全土で飲まれるようになったのは第一次大戦後だそうです。




“ルモルトン(Lemorton)” の続きを読む

シャトー・ド・ブルイユ

シャトー・ド・ブルイユについて


シャトー・ド・ブルイユ(Chateau du Breuil)はカルバドスの代表的な銘柄の1つです。
カルバドスとは、ブランデーの一種でりんご酒から造るものを指します。フランス北部のカルバドスの特産で、その地方で作られたもので一定の条件を満たすものだけがカルバドスを名乗ることが出来ます。




“シャトー・ド・ブルイユ” の続きを読む

クール・ド・リヨン カルバドス

クール・ド・リヨンについて


クール・ド・リヨン(COEUR DE LION)はカルバドスの名門、クール・ド・リヨン社が展開している銘柄になります。
クール・ド・リヨンは「獅子の心」という意味で、全てペイドージュACという地域で製造されているそうです。




“クール・ド・リヨン カルバドス” の続きを読む

カルバドス ポム ド イヴ

カルバドス ポム ド イヴについて


カルヴァドス ポム・ド・イヴ はドメーヌ・ド・コッケレル社の造るポム・プリゾニエールになります。
ポム・プリゾニエールとは、カルバドスの種類の1つで、りんごがボトルの中にまるまる1つ入っているというもの。
カルバドスはりんご酒から造るブランデーになります。フランス北部のノルマンディ地方のカルバドスの特産であったことからカルバドスと呼ばれるようになりました。




“カルバドス ポム ド イヴ” の続きを読む

ブラー(カルバドス)

ブラーについて


ブラー(Boulard)はりんごを原料にしたブランデーであるカルバドスの中では、もっとも有名で流通量が多いブランドになると思います。
カルバドス(カルヴァドス)はノルマンディ地方の沖合のEl Calvador(エル・カルバドール)という船が難破した故事から生まれたという説が有力です。現在では、ノルマンディ地方以外で作られる同様の蒸留酒はアップル・ブランデーと名乗り、カルバドスを名乗ることは出来ません。




“ブラー(カルバドス)” の続きを読む