お福正宗

お福正宗について


お福正宗は新潟県長岡市のお福酒造の銘柄です。創業は1897年(明治30年)です。創業者は1894年(明治27年)に日本初と言われる日本酒造りを科学的見地から解説した教本を発刊。
その3年後に岸五郎商店として酒造業を開始。

第二次大戦後の1949年(昭和24年)にお福酒造に改組して、1958年(昭和33年)には創業者が醸造業界初の黄綬褒章を受賞するなど高い評価を受けています。

“お福正宗” の続きを読む

比良松

比良松について


比良松は、福岡県朝倉市の酒蔵「篠崎」の銘柄です。
この朝倉郷は筑紫次郎という異名を持つ筑後川から取水する堀川用水の三連水車が有名。朝倉の農業を支える豊かな水を象徴する存在担っています。

比良松はこの台地のみのりと上質な水、職人のワザによって生まれた銘柄で、篠崎の日本酒の銘柄はこの比良松と「国菊」のふたつがあります。




“比良松” の続きを読む

鷹正宗

鷹正宗について


鷹正宗は福岡県久留米市の酒蔵鷹正宗株式会社の銘柄です。創業は天保年間で、昭和10年に株式会社として設立されたそうです。
この鷹正宗の他、蔵小町、筑水、筑後の寒梅などを作っています。
その他にも麦焼酎・芋焼酎の叡醂、筑紫の坊主なども作っていて、このあたりは九州の酒蔵らしいです。




“鷹正宗” の続きを読む

常きげん

常きげんについて


常きげんは石川県の鹿野酒造という蔵の銘柄です。鹿野酒造は加賀市の酒蔵で1819年(文政2年)創業、白山を望む土地で酒造りを続けてきました。
加賀の白山の麓ははるか平安時代から酒造りが盛んな土地で、現在でも菊姫を始め、多くの銘柄が親しまれています。

鹿野酒造は代々地主として活動していましたが、酒造りを始めたあとも当主は粋人で「常きげん」という名前もある年の大豊作を村人と祝う席で4代目当主が「八重菊や酒もほどよし常きげん」と一句詠んだことにちなんだものです。

鹿野酒造では酒蔵に一番ふさわしい酒米を知るために、自社の田んぼで自分たちの手で米作りからはじめ、この地にずっと湧き出ていた「白水の井戸」を守ってきました。
白水の井戸は蓮如上人ゆかりの井戸として地域の人に親しまれてきました。一時は途絶えていましたが、平成11年にこの井戸を再興して仕込み水にしました。

“常きげん” の続きを読む

農口

農口について


農口は、現代の名工に選ばれ、「厚生労働大臣表彰」や「黄綬褒章」を受賞した、酒造りの神様とも言われる農口尚彦氏が手がけた銘柄です。
農口尚彦氏は長らく菊姫、常きげんなどの杜氏をつとめ、戦後の劣悪な日本酒の製造が続いていたことで低迷していた日本酒市場に吟醸酒を広め、また山廃仕込みの技術も復活させて、今日の日本酒ブームの先駆けともなった名杜氏です。

その農口氏が、自らの名前を冠した農口酒造を立ち上げ、およそ200年の歴史がありながら酒造りを廃業していた酒蔵を復興させたのが、この農口です。
現在では農口尚彦氏は、農口を離れ、さらに農口尚彦研究所を2017年より活動しています。

農口の味わいは濃厚で、食中酒として魚介との相性が良く、食べ物の味をさらに引き立てます。




“農口” の続きを読む