吉四六

吉四六について


吉四六は麦焼酎二階堂で有名な二階堂酒造の銘柄で、二階堂を基本に比較的永く貯蔵してじっくり熟成したもの。特に香りを重視して仕上げています。
二階堂酒造は1866年(慶応二年)に喜和屋として創業し、活動していましたが、昭和18年に一度は食糧不足により休業。戦後の昭和24年に焼酎製造で復活して、昭和48年にはだか麦100パーセントを使用した麦焼酎を開発。翌年発売されて、麦焼酎ブームの火付け役となりました。
“吉四六” の続きを読む

鍛高譚

鍛高譚について


鍛高譚は、北海道の合同酒精旭川工場で作られる、シソ焼酎です。しそを原料にしている焼酎はかなり珍しく、この鍛高譚ぐらいでしょうか。北海道で作られる焼酎というのも珍しく、焼酎といえば九州というイメージを覆します。
鍛高譚の原料は北海道白糠町の薫り高いしそと大雪山系を望む旭川の水で、爽やかな風味です。ソーダやトニックなどと割って楽しむのがおすすめ。

“鍛高譚” の続きを読む

魔界への誘い

魔界への誘いについて


魔界への誘いは、佐賀の光武酒造場が作る芋焼酎の銘柄です。魔界への誘いは黒麹を使ったものや紅さつま甕つぼ仕込み、焼き芋焼酎、全量芋などのいろいろなヴァリエーションがあります。
光武酒造場は創業元禄元年という老舗で、佐賀県の中でも光武学校と呼ばれるほど、杜氏の輩出が多い名門蔵です。
長らく日本酒造りをしてきましたが平成8年より焼酎の製造開始して、幅を広げました。

“魔界への誘い” の続きを読む

百年の孤独

百年の孤独について


百年の孤独は、宮崎県高鍋町の黒木本店というメーカーから発売されている麦焼酎の銘柄です。百年の孤独は蒸留した焼酎をホワイトオーク樽で熟成させて、3年もの、4年もの、5年ものをブレンドしています。香りもウイスキーに近く、麦の香ばしさが魅力です。
“百年の孤独” の続きを読む

さつま木挽

さつま木挽について


さつま木挽は鹿児島県出水市の雲海酒造出水蔵の芋焼酎です。
雲海酒造は宮崎の酒蔵で本格焼酎、清酒、ワインなどを製造しています。蔵も五ヶ瀬、綾、高岡、出水にある大きな酒造で、そば焼酎の雲海が有名ですが、麦のいいとも、芋の木挽シリーズなどがあります。
“さつま木挽” の続きを読む