栗焼酎(くりてんしょう)

栗焼酎(くりてんしょう)について


栗天照(くりてんしょう)は宮崎県高千穂町にある酒蔵・神楽酒造の栗焼酎の銘柄になります。神楽酒造は霧島酒造、雲海酒造と共に宮崎県を代表する焼酎メーカーで、そば焼酎麦焼酎芋焼酎米焼酎などで多くの銘柄を持っています。
昭和29年創業で、ずっと焼酎造りを続け、平成21年には芋作りの盛んな西都市に新工場を構えたり、業績を大きくしています。




“栗焼酎(くりてんしょう)” の続きを読む

夢栗(むっくり)

夢栗(むっくり)について


夢栗(むっくり)は、仙頭酒造場で作る栗焼酎の銘柄です。
仙頭酒造場は高知県安芸郡芸西村で1903年に創業した日本酒の蔵で、主力は土佐しらぎく、2014年からスタートした美潮ですが、焼酎リキュールも作っており、中でも栗焼酎の夢栗(むっくり)は土佐らしい焼酎になっています。




“夢栗(むっくり)” の続きを読む

四万十栗の栗焼酎

四万十栗の栗焼酎について


「四万十栗の栗焼酎」は、土佐鶴酒造の作る焼酎の銘柄になります。土佐鶴酒造は1773年(安永2年)に土佐の材木商、広松家によって創業され、1845年(弘化2年)に酒造専業となります。土佐鶴は土佐日記の紀貫之の和歌からとったものだそうです。




“四万十栗の栗焼酎” の続きを読む

ダバダ火振り

ダバダ火振りについて


ダバダ火振りは、四国の四万十町にある小さな蔵、株式会社無手無冠の栗焼酎の銘柄になります。
無手無冠は「むてむか」と読み、明治26年に創業以来、四万十の自然に恵まれて、地の酒を創り続けてきた蔵になります。
主力になる銘柄は日本酒の無手無冠。その原料米は地元農家と共に有機肥料と紙マルチによる農薬を使わない米作りを勧めています。その有機肥料の一部には、栗焼酎の搾りかすを有効利用しているそうです。




“ダバダ火振り” の続きを読む