のんのこ(焼酎)

のんのこ(焼酎)について


のんのこは佐賀県の酒蔵「宗政酒造」の焼酎の銘柄です。
宗政酒造は操業が昭和60年と、比較的新しい酒蔵で、当初は有田市の市内に有ったそうですが、現在は有田ポーセリンパーク内に酒蔵を移し、観光酒蔵という位置づけも得ています。
日本酒(清酒)、焼酎、リキュールといった製品を造っていて、清酒も焼酎もというのが吸収らしさを感じさせます。




“のんのこ(焼酎)” の続きを読む

青木昆陽 一期一会(芋焼酎)

青木昆陽(芋焼酎)について


青木昆陽 一期一会は、福岡県朝倉市の酒蔵「篠崎」が作る芋焼酎の銘柄です。篠崎は、江戸時代後期から酒造業を始め、現在は九州の酒蔵らしく日本酒だけではなく、焼酎、甘酒、リキュールも作っています。

青木昆陽 一期一会は、そのラインナップの中の熟成芋焼酎の銘柄です。青木昆陽とは、江戸時代中期の幕臣、学者です。八代将軍吉宗は飢饉の際の救荒食物としてさつまいもに着目して、その栽培を青木昆陽に命じ、青木はさつまいもの普及を図り、甘藷先生と呼ばれたそうです。




“青木昆陽 一期一会(芋焼酎)” の続きを読む

田苑

田苑について


田苑は、鹿児島県の田苑酒造が作っている焼酎の銘柄です。田苑酒造は創業が明治23年(1890年)。西南戦争で生き残った塚田祐介が米どころで有名な北薩の塔之原天神地区に塚田醸造場を創業。

玄米と黄麹を原料に玄米焼酎「つかだ」を製造。
当時は玄米を使った焼酎つくりは技術的に難しかったこともあり、白米と黒麹にシフトしていく蔵が多かったのですが、塚田醸造場は玄米にこだわり焼酎造りを続けていました。
長らく高い評価を得ていましたが、第二次大戦が勃発。玄米による焼酎造りにこだわっていた塚田醸造場は休業に追い込まれていきました。




“田苑” の続きを読む

島美人

島美人について


島美人は鹿児島県出水郡長島町にある長島研醸の銘柄です。この長島研醸は昭和42年に長島に有る酒造会社5社の共同瓶詰工場として設立し、5つの蔵元がそれぞれの伝統と技で醸し出した焼酎をブレンドして作り出しています。
長島研醸では、この島美人のほか、黒島美人、島乙女、島娘などを醸しています。




“島美人” の続きを読む

明石仁右衛門

明石仁右衛門について


明石仁右衛門は明治24年に創業者明石仁右衛門が宮崎県えびの市で焼酎の製造を始めた明石酒造の銘柄です。
創業者の名前を冠しただけにこだわりの逸品で、古くからの製造法を守った黒麹仕込みで芋焼酎らしい余韻の残る味わいに仕上がっています。




“明石仁右衛門” の続きを読む