田苑

田苑について


田苑は、鹿児島県の田苑酒造が作っている焼酎の銘柄です。田苑酒造は創業が明治23年(1890年)。西南戦争で生き残った塚田祐介が米どころで有名な北薩の塔之原天神地区に塚田醸造場を創業。

玄米と黄麹を原料に玄米焼酎「つかだ」を製造。
当時は玄米を使った焼酎つくりは技術的に難しかったこともあり、白米と黒麹にシフトしていく蔵が多かったのですが、塚田醸造場は玄米にこだわり焼酎造りを続けていました。
長らく高い評価を得ていましたが、第二次大戦が勃発。玄米による焼酎造りにこだわっていた塚田醸造場は休業に追い込まれていきました。




“田苑” の続きを読む

銀座のすずめ

銀座のすずめについて


銀座のすずめは大分県玖珠郡の八鹿酒造の麦焼酎の銘柄です。
ケンタッキー州の蒸留所等から取り寄せたバーボンウィスキーの樫樽に貯蔵して作る焼酎です。通常、焼酎の熟成は瓶に仕込みますが、この「銀座のすずめ」はウイスキーと同じように樫樽に貯蔵。トンネルを貯蔵庫にした一定の環境と、樽の内部についた焼き焦げが雑味を吸収して、スモーキーな香りとまろやかな味わいを生み出します。




“銀座のすずめ” の続きを読む

壱岐(麦焼酎)

壱岐(麦焼酎)について


壱岐は長崎県の壱岐島の玄海酒造が作っている麦焼酎の銘柄です。壱岐島は人口3万人程度の小さな島で、日本海に浮かんでいます。その小さな島に7軒の焼酎蔵元があり、麦焼酎を作っています。その中で玄海酒造は明治33年創業で、当初は瀧泉という名称で作っていましたが、昭和29年に島外出荷を目指して「玄海」として、さらに昭和50年に「壱岐」と改めています。




“壱岐(麦焼酎)” の続きを読む

青酎

青酎について


青酎は伊豆諸島の1つ青ヶ島で醸される焼酎の銘柄です。青ヶ島は、島全体がカルデラ状になっていて、まるでアニメの秘密基地のような地形が絶景と言われています。
その青ヶ島では古くから焼酎が作られており、酒税法の施行からは法律上は密造酒扱いになってしまっていましたが、あまりに交通の便が悪く、輸送コストが嵩むため、事実上はその製造が黙認されていました。




“青酎” の続きを読む

吉四六

吉四六について


吉四六は麦焼酎二階堂で有名な二階堂酒造の銘柄で、二階堂を基本に比較的永く貯蔵してじっくり熟成したもの。特に香りを重視して仕上げています。
二階堂酒造は1866年(慶応二年)に喜和屋として創業し、活動していましたが、昭和18年に一度は食糧不足により休業。戦後の昭和24年に焼酎製造で復活して、昭和48年にはだか麦100パーセントを使用した麦焼酎を開発。翌年発売されて、麦焼酎ブームの火付け役となりました。




“吉四六” の続きを読む