ノックスブレイン/ブランド紹介

ノックスブレイン(KNOXBRAIN)はノックス(KNOX)として1979年に誕生した国産の革製品ブランド。元はバッグブランドで、東京・南青山で創業し、当初は生地と革のコンビバッグで人気を博しました。

1985年に日本製としては初めてのバイブルサイズのシステム手帳をリフィルまで含めて発表。
ノックスブレインとして展開をはじめました。

もともとノックスは英国のビジネスマンスタイルを意識したブランドで、システム手帳は本来、第一次大戦でイギリスの将校が使い始めたもので、ノックスがシステム手帳に取り組むのは自然な流れだったのかも知れません。

ノックスブレインのシステム手帳は日本におけるシステム手帳ブームを牽引し続けており、1990年にはオリジナルのナローサイズを発表。2008年には筆記特性に優れるデザインフィルポケットブック用紙を開発するなど、システム手帳の可能性を追求しています。

08年にブランドイメージを一新した際に、現在のロゴマークを発表したのですが、これは獏(バク)をデザインしていて、「悪い夢(ネガティブな心)を食べて良い夢(ポジティブな心)を選ぶ」という意味だそうです。
現在はIT化の進行というか、スマートフォンやタブレットPCが一般化していて、システム手帳の機能の内、スケジュール管理という面を肩代わりしつつありますが、そうしたなかでもシステム手帳の魅力や可能性を広げ、新時代に向けたステーショナリーを追求しています。

“ノックスブレイン/ブランド紹介” の続きを読む