クオバディス

クオバディスについて


クオバディスはフランスの港町マルセイユの医師フランシス=ジョルジュ・ベルトラミが創業した手帳のコレクションです。
ベルトラミは戦争で右手を負傷して医師を引退、当時業績が振るわなかったパリの出版社の再建を依頼されて、ダイヤリー会社「Editions Quo Vadis」として立て直しを図りました。
その試みは成功し、クオバディスが展開するダイアリーは、世界中で大きな支持を受けています。




“クオバディス” の続きを読む