ジャガールクルト

ジャガールクルトについて


ジャガールクルトはスイスのル・サンティエに拠点を置くスイス時計の名門の1つ。
創業は1833年で、アントワーヌ・ルクルトによって生まれました。アントワーヌはフランス人のユグノーだったピエール・ルクルトがフランスから宗教革命に伴う迫害から逃れてジュネーブに移り住み、ジュウ渓谷に土地を得ます。1612年になってピエールの息子がその地に教会を建てて、それがル・サンティエ村の始まりで、今日に至るまでジャガールクルトの工房が建っています。
そして、1833年になってアントワーヌ・ルクルトがスチールから時計のカナを切り出す機械を発明し、ル・サンティエに時計製造のアトリエを開き、高品質の製品を生み出し始めます。1844年、世界で最も正確な測定器であるミリオノメーターを発明。その後も多くの新機能、新機構を生み出し続け、1900年までに350種以上のキャリバーを製造、うち128種類はクロノグラフ機能を持ち、99種類はリピーター機構を搭載しているほどで、すでに世界で最高レベルの時計を生み出していたことがわかります。




“ジャガールクルト” の続きを読む