ミューレグラスヒュッテ

ミューレグラスヒュッテについて


ミューレグラスヒュッテは、ドイツ時計の聖地グラスヒュッテのブランドの1つ。船舶用測定器メーカーでもありますが、日本では腕時計のブランドとして知られています。
創業は1869年で、精密機器のメーカーとして創業します。1945年の第2次大戦敗戦でミューレ社は解体。東西ドイツ分割による東側編入されますが、1946年に半国営化されながらも復活。69年に創業者一族のハンス・ユルゲン・ミューレが社長に就任しますが、3年後にグラスヒュッテ時計産業公社に吸収され、ミューレ氏は輸出部門の担当になります。




“ミューレグラスヒュッテ” の続きを読む