ミューレグラスヒュッテ

ミューレグラスヒュッテについて


ミューレグラスヒュッテは、ドイツ時計の聖地グラスヒュッテのブランドの1つ。船舶用測定器メーカーでもありますが、日本では腕時計のブランドとして知られています。
創業は1869年で、精密機器のメーカーとしてグラスヒュッテで創業します。
グラスヒュッテはドイツ時計の聖地で、ランゲ・アンド・ゾーネを中心にランゲの弟子たちが開いた工房が多数存在して、優れた時計や計測機器を製造。20世紀前半にはヨーロッパで高い評価を受けていました。
しかし、第二次大戦では軍事産業に転換されて、軍用時計や精密機器を造らされるようになり、1945年の第2次大戦敗戦でミューレ社は解体。
さらに東西ドイツ分割によってグラスヒュッテ自体が東側編入されてしまいますが、1946年に半国営化されながらも復活。
69年に創業者一族のハンス・ユルゲン・ミューレが社長に就任しますが、3年後にグラスヒュッテ時計産業公社に吸収され、ミューレ氏は輸出部門の担当になります。




“ミューレグラスヒュッテ” の続きを読む