クラークス/ブランド紹介

クラークスは日本ではクレープソールとアッパーにベージュのスウェードを使用したワラビーブーツにデザートブーツが有名な、イギリスのカジュアルシューズブランドです。創業は1825年。
ワラビーブーツは人間の足型をかたどったラストが特徴で、こうしたラストを使ったシューズは今では色々とありますが、ワラビーブーツ誕生当時はクラークスぐらいしかありませんでした。一枚の柔らかなスウェードレザーで足を包み込むように縫い合わせてあり、タンと本体も隙間なく袋状になっていることから、ワラビーカンガルーに因んでこの名前がつけられたそうです。
デザートブーツも2枚の革を縫い合わせただけのシンプルな構造で、創業者の4代目のネーサン・クラークスが第二次世界大戦中にビルマに駐屯しているときに友人の英国軍人が見せてくれたブーツにヒントを得て開発されました。

ワラビーもデザートブーツもクラークスの登録商標だそうです。

アメカジファッション全盛時はワラビーもデザートブーツも、無くてはならないアイテムとして、大学生ぐらいの若者に愛されてきました。

近年はワラビー、デザートブーツを発展させたカジュアルシューズを中心にビジネスシューズ、サンダルなどのアイテムを揃えています。
“クラークス/ブランド紹介” の続きを読む