ハッシュパピー

ハッシュパピーについて


ハッシュパピーは大塚製靴で作られているカジュアルシューズ、ビジネスシューズのブランド。
元は軽量なクレープソールを備えた古典的なアメリカのスエードシューズで、創業は1958年。ウルバリン・ワールド・ワイド社で誕生しました。
素材のピッグスキンは最も耐久性の高い革の1つで、米軍は手袋やその他の兵士の保護材として採用していて、ハッシュパピーはその素材を使ってシューズ製作をはじめました。

ハッシュパピーの靴はスニーカーのように履き心地の良いレザーカジュアルで、当時は厳しいビジネスシューズやワークブーツから柔らかで通気性に富み、軽やかなデザインで人気を得ました。
現在のハッシュパピーは起毛した豚革のビジネスシューズを中心にしながらも、スムース素材のビジネスシューズ、カジュアルシューズも豊富に揃っていて、紳士モノから婦人モノまでラインナップされています。




“ハッシュパピー” の続きを読む