ホワイトハウスコックス/ブランド紹介

ホワイトハウスコックスは、ブライドルレザーを得意とした、イギリスのレザーグッズブランド。1875年創業で、元は高品質の馬具からベルト、カバン、財布などの様々なレザーグッズブランドへと成長を遂げた存在です。
ブライドルレザーは馬具用として開発された革素材で、1000年以上もイギリスで作り続けられた伝統をホコリます。革に何度もロウを塗り込んで繊維を引き締めてつくります。このロウが最初は表面に白く浮き出ていてブルームとよばれますが、使用するウチに徐々にブルームが取れて、美しい光沢のある表情へと変化していきます。
馬具用だけあって耐久性も素晴らしいものがありますが、硬く分厚く、縫製などがやりにくい革素材でもあります。ホワイトハウスコックスは馬具メーカーが前身だけに、このブライドルレザーの取扱が非常に上手で、特筆すべきは天然の染料でじっくりと時間を掛けて染め上げただけに、発色が見事で、色も豊富にそろえています。
“ホワイトハウスコックス/ブランド紹介” の続きを読む