Japanese GIN 和美人

Japanese GIN 和美人について


Japanese GIN 和美人は本坊酒造のクラフトジンの銘柄です。
本坊酒造といえば、焼酎の桜島、貴匠蔵、屋久の島などの多数の銘柄が中心ですが、それだけにとどまらず、日本の地ウイスキーの草分けとも言えるマルスウイスキーを製造する信州の蒸留所と鹿児島の津貫蒸留所、さらに
マルスワインを山梨県の石和にワイナリーを作って生産を始めるなど、日本の酒造りを手広く行っています。
そうした本坊酒造の新しい挑戦がこのJapanese GIN 和美人になります。




“Japanese GIN 和美人” の続きを読む

ロイヤルアスコット(スコッチウイスキー)

ロイヤルアスコットについて


ロイヤルアスコットは、セントアンドリュースディスティリング社のブレンデッドウイスキー
の銘柄です。このセントアンドリュースディスティリング社は、最近スコッチウイスキーの世界で伸長著しいバーンスチュアート社のグループのいち員です。




“ロイヤルアスコット(スコッチウイスキー)” の続きを読む

100pipers(ワンハンドレッドパイパーズ)

100pipers(ワンハンドレッドパイパーズ)について


100pipers(ワンハンドレッドパイパーズ)はシーバスリーガルを出しているシーグラム社のブレンデッドウイスキーの銘柄。1965年に誕生した当時は、1000万ドルも使ったマーケティング調査をして発売。
世界市場で成功した銘柄です。

100pipers(ワンハンドレッドパイパーズ)の由来は2つあり、一つはスコットランドの伝説で「良いスコッチを飲むと1人のバグパイパー、スムースなら2人、芳醇なら5人、真のスコッチなら100人のバグパイパーの音色を聞くことが出来る」というものあります。
もう一つがスコットランドとイングランドの戦争のときに、スコットランドの前衛にバグパイプを吹く100人のパイパーが敵の攻撃にひるむこと無く演奏し続けたという逸話があります。
この2つの逸話から名付けられました。




“100pipers(ワンハンドレッドパイパーズ)” の続きを読む

スリーシップスセレクト(ウイスキー)

スリーシップスセレクトについて


スリーシップスセレクトは南アフリカのジェイムス(ジェームス)・セジウィック蒸留所が作るウイスキーの銘柄です。この蒸留所のマスターディスティラーであるアンディ・ワッツ氏はヨークシャー出身でプロのクリケット選手を夢見て、南アへ。
そこで縁を得て、ウイスキー製造の世界に飛び込み、スコットランドに留学してウイスキーづくりを学び、このスリーシップスの製造に活かしています。




“スリーシップスセレクト(ウイスキー)” の続きを読む

サンピースウイスキー

サンピースウイスキーについて


サンピースウイスキーは、地ウイスキーの1つで、三重県の宮崎本店で製造しています。宮崎本店は弘化3年(1846)に創業以来、清酒、焼酎などを作っていて、キンミヤ焼酎、宮の雪などが有名です。
サンピースウイスキーは戦後になって発売されたもので、太陽の下で平和を謳歌できる喜びと願いを込めて命名されたものだそうです。
“サンピースウイスキー” の続きを読む