モンブラン/ブランド紹介

モンブランはドイツ・ハンブルグで1906年に誕生した筆記具メーカー。
万年筆の世界では、モンブランは王者とも言うべき存在で、特に有名なのが1924年に発表されたマイスターシュテュック。
34年にブランドイメージとしてロゴに使用していたアルプスのモンブランの名前を取り入れる形で社名もモンブランとなった。
マイスターシュテュックは現在の普通の万年筆に比べると、かなり軸径は太めで、文字も太め。
149とル・グラン146,クラシック14、モーツァルト114などがラインナップされていて、今時吸入式のインク補充が必要であるなど、ちょっと使いにくいかも……と思わせる内容です。




“モンブラン/ブランド紹介” の続きを読む

ダンヒル/ブランド紹介

ダンヒルはイギリスを代表するメンズグッズブランド。1907年、アルフレッド・ダンヒルが家業の馬具製造の事業を拡大して、ロンドンにたばこ店を開いたのが始まりです。
その当時からダンヒルといえば、高級喫煙具であり、パイプで有名でした。
たしか大昔に大藪春彦のエッセイを読んでいたら、夜中に執筆に疲れたら、原稿用紙の上にパイプ用のタバコを広げてダンヒルのパイプに詰めて一服する……という記述があって憧れたものでした。





“ダンヒル/ブランド紹介” の続きを読む

バインデックス/ブランド紹介

バインデックスは能率手帳で有名な日本能率協会マネジメントセンターが扱っているシステム手帳のブランド。
能率手帳は現在は、NOLTYというブランド名に変わっていますが、1949年以来の歴史を持ち多くのビジネスマンにファンがいる手帳ブランドです。

その能率手帳の伝統を受け継いだ、日本人に使いやすいシステム手帳を提案しているのがバインデックスで、定番のバイブルサイズをはじめ、A5サイズ、mini6サイズ、mini5サイズと揃っています。
リフィルは時間管理、情報管理をシステマティックに行うために作られており、効率よく使うことができます。




“バインデックス/ブランド紹介” の続きを読む

アクアスキュータム/ブランド紹介

アクアスキュータムはバーバリと並んでイギリスを代表するメンズファッションブランドで、特にトレンチコートで知られます。
創立は1851年、創業者はジョン・エマリー。
現在は紳士物を中心に婦人服も扱っており、トータルファッションブランドと言えるでしょう。また、ライセンスで毛布などのインテリアグッズも扱っています。

アクアスキュータムはラテン語で「水」という意味のaquaと「盾」のscutumの2語を組み合わせたもので、防水という意味の造語。
ジョン・エマリーはウール地に防水処理を施し、撥水性としなやかさを併せ持つ布地を開発し、その布地を使った防水コートを作ったのです。




“アクアスキュータム/ブランド紹介” の続きを読む

ブレイリオ/ブランド紹介

ブレイリオは1997年設立のコードバン素材を用いたシステム手帳を中心にした商品を販売しているブランド。4代に渡る伝統技術を継承する革職人さんが手がけており、その品質は折り紙付き。
素材の特徴に合わせた絶妙な縫製と美しい仕立てを特徴にしています。

創業の翌年には有名な文房具屋である銀座伊東屋で販売を開始しており、伊東屋に選ばれるということでブレイリオの品質の高さは世間の信用を得るのに大きな効果がありました。現在では大手百貨店や文房具店で展開しています。
また商品構成もシステム手帳が中心ですが、財布、カードケース、キーケースなども製造しています。

ブレイリオが手がけるコードバンとは「king of leather」とも言われる素材で、馬革の腰(尻)部のみを指しています。非常に繊維が緻密で牛革の2倍の強さがあると言われており、また繊維が緻密であるため独特な光沢感があり、使い込むほどにさらに艶が深くなっていくという特徴があります。





“ブレイリオ/ブランド紹介” の続きを読む