日輪田/ブランド紹介

日輪田は、萩の鶴と同じく宮城県栗原市の荻野酒造で作っているお酒です。
割合に淡い酒として醸される萩の鶴に比べ、日輪田は濃い酒。

萩の鶴と同じく、「良いものを少しだけ造る」というコンセプトで、日本酒独自の伝統や歴史を守りながら、新しい技術も取り入れて酒造りを目指しています。




“日輪田/ブランド紹介” の続きを読む

萩の鶴/ブランド紹介

萩の鶴は、宮城県栗原市の荻野酒造のお酒。荻野酒造は天保11年創業で、この「萩の鶴」以外に「日輪田」という銘柄も作っています。
「萩の鶴」は淡い酒、「日輪田」は濃い酒と醸し分けています。この「萩の鶴」はむかし「萩野村」と呼ばれていたことから命名されたそうです。




“萩の鶴/ブランド紹介” の続きを読む

綿屋(日本酒)/ブランド紹介

綿屋は宮城県栗原市一迫の金の井酒造の銘柄。綿屋という名の通り、綿のようにふわっとした丸みのある口当たりが特徴です。純米でしっとりした味わいがありながら、余韻がすっと切れる。
宮城のお酒は食材に合わせて飲むと一層味わい深くなるという特徴がありますが、綿屋も料理にあう食中酒で、作る段階から各銘柄の一番相性のあう飲み方、TPOまで計算しながら作っているそうです。




“綿屋(日本酒)/ブランド紹介” の続きを読む

日高見/ブランド紹介

日高見は宮城県石巻の日本酒。蔵は太平洋と北東北を縦断する北上川の河口に開けた石巻の地にあります。
「日高見」という名前は日本書記の日高見国から。
日高見国は日本の古代でヤマト又は蝦夷の地を美化して表現した言葉で、日本書紀や常陸国風土記では蝦夷の地を指し大和から見た東方の辺境の地域のことだそうです。
金田一京助は北上川は日高見に由来するという説を唱えています。




“日高見/ブランド紹介” の続きを読む

カルミナ/ブランド紹介

カルミナ(CARMINA)はスペインの高級靴ブランド。
その源流は1866年にマティアス・プハーダス氏がマヨルカ島のインカで始めたオーダーメイドの靴を作る小さな工房から始まります。その数十年後に息子のマテオ・ブハーダス氏も靴作りに携わるようになり、1905年にはパレアレス諸島で初めてのグッドイヤー製法の工場を設立。
1961年に創業者の孫であるホセ・アルバラデホ・プハーダス氏の時代にスペイン有数の靴メーカーにまで成長しました。
1997年に高級靴を求める声に答え、ホセ氏はマヨルカ島で新ブランドの「カルミナ」を立ち上げ、世界に通用する高級靴の生産をはじめました。
“カルミナ/ブランド紹介” の続きを読む