新政(あらまさ)/ブランド紹介

新政(あらまさ)は、嘉永5年(1852年)に秋田で創業した酒蔵。創業者は初代佐藤卯兵衛で、その名前から「うへえの酒」と地元で親しまれていました。その後、明治政府の「新政厚徳」から新政という名称を戴くようになりました。
その後、昭和初期に五代目卯兵衛となる佐藤卯三郎は自ら醸造指揮者として、六号酵母(きょうかい六号)を現出させることに成功しました。




“新政(あらまさ)/ブランド紹介” の続きを読む

ゆきの美人/ブランド紹介

ゆきの美人は、秋田の秋田醸造株式会社で造るお酒。秋田醸造はいぜんは「竿灯」という銘柄を造っていましたが、現在は小仕込みで自分で納得できるお酒を少量でも造りたいという思いから、社長自ら杜氏になって最新鋭の設備を持つマイクロブリュワリーで仕込みをしています。
蔵元杜氏は精密機械工学出身で、麹を冷凍して保存するなど今までにnないような合理的な発想で酒造りをしています。




“ゆきの美人/ブランド紹介” の続きを読む

山和/ブランド紹介

山和は、山形と宮城の県境の船形山系の伏流水に恵まれた宮城県加美町にある山和酒造で作られています。
山和酒造は創業1896年(明治29年)で、現在は7代目。この加美町は古くからお米が豊富に収穫でき、水質も良かったので、かつては多くの酒蔵がありました。山和酒造も古くは「わしが國」という銘柄の日本酒を造り、地元の宮城県で販売していました。
昭和40年代ころには宮城県で1~2位を争う製造を行っていたそうです。しかし、その後は年間生産量が減り続け、7代目が継いだことには麹の管理も雑で品質も落ちていました。




“山和/ブランド紹介” の続きを読む

乾坤一/ブランド紹介

乾坤一は、東北の小京都と言われる、宮城県柴田郡の村田町の大沼酒造で造っているお酒です。村田町は土蔵の商家が立ち並ぶ町並みが魅力で、かつては伊達家の直轄地で、宮城としては比較的温暖。遠く蔵王連峰を望む地です。

大沼酒造店は創業1712年で、ずっと酒造りを生業としてきており、現在でも麹作りからすべて手作りで、伝統の寒造りの技をいかした酒を醸しています。

乾坤一は山の幸や山菜など、苦味のある食べ物との相性がよく、宮城県産米中心の酒造りで、とくにササニシキへのこだわりが強く、ササニシキの父米ササシグレ、愛国、ひより、蔵の華なども使用しています。




“乾坤一/ブランド紹介” の続きを読む

愛宕の松/ブランド紹介

愛宕の松は、新澤醸造店の造るお酒。他に伯楽星という銘柄も造っていますが、この蔵元は東京農大醸造学科を卒業した新澤巖夫さんをはじめ、若い 蔵人達の力で頑張っている新星蔵元です。いわゆる食中酒を目指しており、首都圏を中心に人気上昇中です。




“愛宕の松/ブランド紹介” の続きを読む